難易度をほかの難易度をほかの資格と比較してみよう! | FP・ファイナンシャルプランナー

サクセスストーリー

難易度をほかの資格と比較してみよう!

イメージ

FPとのダブルライセンスを検討したい資格の難易度は?本当に合格は可能?
講ファイナンシャルプランナーと比較したくなる、他の資格の試験情報をチェック!

FPのダブルライセンス特集ページはこちら!

2級FP技能士と宅建取引士試験はどちらが難しい?

宅建取引士の方が少し難しいと言えそうです。

イメージ

合格率を比べてみますと、2級FP技能士の平均35%に対して宅建は約15%です。しかし当社が提供する教材など適切な教材を使って学習する場合、合格までに必要な時間はどちらの資格も300時間程度です。

この2つの資格については、難易度の差はそんなに気にする必要がないでしょう。金融系の仕事が希望ならFP技能士、不動産業界を目指すなら宅建と、シンプルに考えてください。

またダブルライセンスを目指す方は、試験頻度(宅建年1回、FP年3回)から考えますと、まず宅建の資格を取得しておく方が、将来の働き方のプランも立てやすいと思います。

フォーサイトの宅建取引士通信講座の無料サンプル請求はこちら

2級FP技能士と行政書士を比較!

行政書士に合格するには、1000時間以上の学習が必要です。

行政書士の試験では、憲法、行政法、民法などの法令科目や政治・経済・社会などの一般常識を幅広く学びます。2級FP検定よりはるかに難しいです。

なおFPの資格は就職・転職と独立のどちらにも活かせますが、行政書士の資格を取るということは、独立開業が前提になります。

そしてこのダブルライセンスが、開業をする上で非常にメリットがあることに異論の余地はありません。行政書士として独立の意欲がはっきりしているのでしたら、迷わずこちらの勉強に専念してください。

フォーサイトの行政書士通信講座の無料サンプル請求はこちら

2級FP技能士と社会保険労務士を比較!

難易度には大きな開きがあります。
しかし、今後の働き方を想定した上での検討も必要です。

イメージ

社労士の試験科目は、労働基準法、労働安全衛生法、雇用保険法、健康保険法、厚生年金保険法ほか全8科目です。

そして社労士も行政書士と同様、約1年1000時間の勉強が必要な国家資格です。合格までの道のりはFPに比べはるかに険しいと言えるでしょう。

ただ、この2つの資格を比較する場合は、難易度と活用度のバランスを把握しておくことが必要です。独立開業を目指す場合、仕事に結び付きやすい資格はもちろん社労士の方です。

しかし会社に勤め資格を活かすとなりますと、FPと社労士のどちらの資格が有利であるとは一概にはいえないのです。

業界・職種によっては、FP資格の方がずっと役立つのです。合格しやすい試験であることから考えますと、FPを目指す努力の方が、実を結びやすいといえるかもしれません。

フォーサイトの社会保険労務士通信講座の無料サンプル請求はこちら

2級FP技能士と税理士を比較!

税理士合格までの道のりは、平均3~4年。難関資格です。

税理士試験の試験科目は、必須の会計2科目(簿記論、財務諸表論)と、税法9科目の合計11科目。このうち5科目に合格すると資格を取得できます。税理士試験では一度合格した科目は一生有効であるため、平均3~4年をかけ1科目ずつ揃えて合格を目指すのが一般的です。

難易度だけから合格がより現実な二者択一をするなら、もちろんFP資格です。しかし、このダブルライセンスを本気で狙うのでしたら、税理士を中心に学習計画を立てましょう。税理士合格までの平均年数を考えますと、税理士になるまでの過程で、FP資格を取得するといった対策も十分可能なはずです。

ページのトップへ