子育てしながらでも「挑戦できる」自信がつきました!| FP・ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー・FP通信講座合格者と講師の対談

※2017年1月試験対策講座までの担当講師、安藤講師と合格者の対談動画になります。

人物

子育てしながらでも「挑戦できる」自信がつきました!

ファイナンシャルプランナー 2級FP技能士+AFP DVDコース (基礎+過去問講座)
30代 

小学3年生と4歳のお子さんがおられ、さらに週に4日はお仕事もされている寺井さん。FPの資格に興味はあったものの、ただでさえ忙しい毎日で、この上資格の勉強なんて無理と考えていたそうです。でも一歩踏み出してみると、新しいことを知ること自体が楽しくなり、一気に合格を達成!
合格後はFPの勉強で得た知識をもとに、さらに興味が膨らみ、次の挑戦も考えられるようになりました。

FPの資格を取ろうと思ったきっかけは?

家計のためにも、お金のこと、年金や保険の知識が欲しいと思って勉強しました

FPについては、雑誌の記事を読んだりして、もともと興味はありました。家計を預かる主婦なので、お金のことは身近ですし、年金や保険の知識も欲しいと思ってはいました。でも、子どももまだ4才と小学3年生で、忙しくて、なかなか勉強を始めるにはいたりませんでした。
今回勉強を始める決心をしたきっかけは、友達が一緒に受けてみようと誘ってくれたことでした。1人では三日坊主になりそうだったのですが、友達と一緒なら続けられそう、ということで踏み出せました。

通信教育を、そしてフォーサイトを選んだ理由は?

いつでもスマートフォンで学習できることが決め手でした

まず、通学は時間がとれないので考えられませんでした。ただ、自分の性格を考えると、独学では挫折しそうだったので、通信教育で勉強できるところを探しました。
フォーサイトは、テキストがフルカラーで見やすく、理解しやすかったのが選んだ第一の理由です。それから、講義動画を見たり、問題演習をしたりということが、すべてスマートフォンでできるのが便利で、決め手になりました。また、資料請求時にいただいた合格体験記を読んだところ、多くの方がいろいろなやり方で勉強されているのを知ることができて、自分もできるかもと思えたのも良かったです。

実際に教材を使って勉強した感想は?

自然と繰り返し演習でき、いつの間にか覚えられている問題集が効率的でした

教材が届いたときは、量の多さに驚きました。特に過去問題集が多くて、最初は「こんなにできるわけない」と思いました。でも実際に使ってみると、類似問題がまとまって掲載されているので、最初は間違えても、解説を読みながら進めていくうちに、知らず知らずのうちに繰り返し演習ができるように設計されていて、非常に効率的だと思いました。
直前対策も含め、全部の問題を最低2回は解いて、苦手なところはさらに何度か解きました。金融、不動産、年金と、今まで知らなかったことや馴染みのない単語が多くて、とっつきにくくて難しかったのですが、だんだんと知識がついてくると、いつか自分にも役立つだろうとも思え、勉強が楽しくなってきました。

家事、育児、仕事をしながら勉強するポイントは?

短い時間でも、少しずつでもすぐに勉強できるように工夫しました

平日は仕事、土日は家事が中心なので、夕飯を食べてからお風呂に入るまでの30分や、朝の子どもたちを送り出してから自分が出勤するまでの30分など、短い時間で勉強していました。どうしても時間が取れない日が続いてしまうと、それが癖になってしまって、ずるずると勉強しなくなってしまうこともありました。
まとまった時間きちんと勉強しなければいけないという先入観を捨てて、少しずつでも勉強できるようになったのが良かったと思います。また、6割正解できれば良いのだから、苦手な部分を無理に勉強せず、得意なところをのばそうと切り替えられたのも、合格できた理由だと思います。

今後の目標と、これからFP試験に挑戦される皆さんにアドバイスをお願いします。

少しの時間の学習でも積み重ねれば合格に近づけます

資格を取ったからには、それをいかせる仕事に就きたいということはあります。ニュースを見ていても、経済関係や相続、年金のことなどが理解でき、興味を持てるようになりました。
でも一番大きいのは、やればできるんだ、という自信がついたことです。子育てをしながらでも、他の資格を目指したり、資格を活かせる仕事に挑戦できるんだ、と思えるようになりました。
合格するには、一日のうちに長い時間勉強しなければいけないということはありません。少しの時間でもテキストや問題集に触れて、合格に近づいていけるよう頑張ってください。

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ