行政書士 松村麻里さん

実務家密着取材

直撃インタビュー
行政書士 松村麻里さん

行政書士   松村麻里 さん

1983年生まれ。広島県出身。専門学校を卒業後、アパレル系のベンチャー企業に勤務し、営業を担当。2008年に行政書士試験に合格し、2009年に松村行政書士事務所を開業。現在、品川区民相談員、NPO法人ライフサポート東京の会員として活躍する一方で、東京都行政書士会品川支部の理事を務める。申請取次行政書士でもある。

松村行政書士事務所のホームページは下記のとおりです。
URL : http://www.forma0.jp

.

行政書士は、法律を武器に戦う正義の味方
正当な権利を主張し、クライアントの未来を照らす

試験に合格して資格を取得した後、実際にどのような仕事を行うのか。フォーサイトでは活躍中の実務家を直撃し、その実像に迫ります。今回は、松村行政書士事務所の松村麻里さんからお話を伺いました。

どのようなお仕事をされているのでしょうか

.

主に、会社設立、営業許可等のサポート、相続人調査、財産調査、分割協議書等の相続・遺言関係等を扱っています。私は申請取次行政書士ですので、外国人の在留資格認定証明書の交付、資格外活動の許可、在留資格の変更、在留期間の更新、在留資格の取得、在留資格の取得による永住許可、在留資格の変更による永住許可、再入国の許可、就労資格証明書の交付等の手続きや申請を本人に代わり申請する代行業務なども行っています。

.
松村さんは東京行政書士支部会品川支部に所属

松村さんは東京行政書士支部会品川支部に所属

.

行政書士の資格を取ろうと思ったきっかけは何ですか

.

私の両親が実家の相続トラブルに巻き込まれたのを傍で見ていて、歯がゆい思いをしたのがきっかけです。客観的に考えても納得できないことがあったのですが、両親にも私にも法律の知識がなかったばかりにどうすることも出来ませんでした。そのとき、「どうしてそんな理不尽なことがまかりとおるのか」と憤りを覚えましたね。しかし、「無知だった自分が悪い。自分の身は自分自身で守るべき」と気づき、知識の大切さを実感し、積極的に法律を学ぶようになりました。すでにアパレル系のベンチャー企業に就職していたのですが、法律事務所とダブルワークをし、実務経験を積みながら行政書士を目指しました。

.
壁には行政書士倫理綱領が

壁には行政書士倫理綱領が

.

開業されてから、どのように仕事を進められたのでしょうか?

.

フルタイムで働きながら行政書士を目指していたのですが、壁に突き当たっていました。そこで、法律事務所に勤務して働きながら法律の知識を身につけることにしたのです。そしてようやく合格し、念願の独立を果たしました。軌道に乗るまで試行錯誤の連続でしたが、「事業としてやっていけるかどうかは本人次第」と心を決めて、仕事に取り組んでいます。現在は紹介案件が増えており、クライアントは30代から40代くらいの経営者の方が多いですね。

.
前職の営業スキルを行政書士の仕事にもいかしているという松村さん

前職の営業スキルを行政書士の仕事にもいかしているという松村さん

.

仕事をスムーズに進める上で心がけていることは何でしょう

.

私は基本的に、クライアントと同じ目線で問題を解決するというスタンスでお仕事しています。クライアントのお悩み、人となりを正確に理解した上で、「それなら、こうしませんか?」というご提案をするようにしています。人によって、専門知識がないために我慢するしたり、一人で悩みを抱えたり、しなくてもいい苦労を背負い込んでしまうケースもあります。実際に権利を行使するためには、何をどうしたら良いのか。単なる代行、御用聞きというのではなく、サービス業のプロとして状況や問題に適したアドバイスをご提案し、クライアントの正当な権利を守るサポートをするように心がけています。

.
法律関連の書籍が並ぶ

法律関連の書籍が並ぶ

.

仕事の魅力ややりがいは何でしょうか?

.

このお仕事をやめたいと思ったことは一度もありません。時には大変なこと、辛いこともありますが、クライアントの問題を解決したとき、「ありがとうございます」と言っていただいた時、心から「やっていて良かった」と思います。行政書士になってから、多種多様な国の方との出会いもあって、現在はあらゆる国の言葉を学んでいます。クライアントとのコミュニケーションは、私が最も大事にしていることですが、仕事で求められる語学力を身につけることで、自分自身成長している気がします。今では親から相談を受けることもありますし、本当に天職だと思いますね。
行政書士を目指す人にメッセージ

.
メッセージ

合格することがゴールではなく、資格はあくまで手段にすぎません。何のために資格をとるのか。行政書士になって、何をしたいのか。そこをクリアにすれば、独立してからもスムーズにいくと思います。


.

行政書士   松村麻里 さんの、ある1日

ある日のスケジュール

5:00

起床

朝食、メールチェック

6:50

外出

新幹線で群馬県へ

9:00

個別相談

顧客と打ち合せ(群馬県)

12:00

昼食

 

15:00

帰社

電話での打ち合せ、事務作業

18:00

個別相談

顧客と打ち合せ(横浜)

22:00

帰社

書類確認、翌日の準備

24:00

帰宅

メールチェック

25:00

就寝

 

.
.
まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!