どんな資格?資格についての豆知識 | 行政書士

サクセスストーリー

行政書士の魅力を知ろう

そもそも行政書士って何してるの?儲るの?行政書士の資格を取得するとどんなメリットがあるのか。これから資格を取ろうと検討中の方は必見です!

そもそも行政書士ってどんな仕事?

役所に届け出をする義務のある書類を、
企業や個人に代わって書いて提出します。

イメージ

◎建設工事会社が、建築や道路、トンネルなどの工事を請け負う時には建築許可が必要!
◎外国人の方が日本の学校に通ったり日本で仕事をするにはビザ(国際業務)の申請が必要!

ほかにも自動車関連、会社設立、医療品製造、NPO法人設立、相続、特許申請、飲食店営業など。なんと10,000種類を超える法律書類を独占業務として手掛けることのできる、法律のエキスパートです!

行政書士の資格だけで稼げるもの?

一概にはお答えできませんが平均年収は450万円位だといわれています。しかしながら年収300万に届かない方から、5,000万円を稼いでいる方まで幅広い年収層が存在します。

なぜか・・・

ラーメン屋さんと一緒です、立地に関係なく行列のできるラーメン店もあれば、繁華街にあってもパッとしないお店もあります。つまり収入の高低は実力次第。開業後の努力にかかっています。

行政書士として働く魅力って?

特定の専門分野のエキスパートになれる!

行政書士は、2~3の専門分野にしぼって仕事をします。
たとえば・・・「建築許可」と「飲食店開業申請」と「相続」。

行政書士がサポートできる分野は広範に渡るため、このように専門分野をしぼり事務所の個性をつくることが、独立開業の賢いやり方なのです。開業5年、10年がすぎると、必ずいくつかの分野の専門家に成長しています!

行政書士の将来性について

行政書士にできることは、世の中の進化とともに広がっていきます!

いま将来性が有望な分野として「相続」、「外国人関連業務」、「産業廃棄物」などが挙げられています。
少子高齢化の問題、労働市場の国際化、環境問題など、行政書士の仕事は、世の中の変化と密接に関連しています。ですから、世の中の動向に敏感で、変化に柔軟に対応できる方なら、行政書士には常に新しいビジネスチャンスが開けます。

フォーサイトが、実際に行政書士として実務をされている皆様に密着取材を行いました!
様々な働き方のある行政書士ですが、先輩方がどのように資格を仕事に活かしているかをご覧いただけます。併せてご覧ください。

実務家密着取材を見る

フォーサイトの行政書士合格講座で合格を目指しませんか?
クレジットカードなら分割払いOK
サポートもついて初学者も安心
8日以内で未開封なら返品もOK
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!