ラーメン屋の仕事を辞め、3ヶ月の猛勉強で一発合格! | 行政書士

キャンペーンバナー

行政書士通信講座合格者と講師の対談

人物

ラーメン屋の仕事を辞め、3ヶ月の猛勉強で一発合格!

行政書士 DVDコース(基礎+過去問講座)

大学を卒業し周りの仲間と同じように就職はしましたが、サラリーマンは性に合わないとすぐに気づいた南さん。早々に会社を辞め、ラーメン店で修行した経験もお持ちです。しかし飲食業は体力的にやはりきつかった。それで、士業で独立開業する方向へ舵を切ります。短期集中には自信のあった南さんは、なんと3ヶ月の猛勉強で一発合格しています。

通信講座を、フォーサイトを選んだ理由は?

勉強は8月スタート。フォーサイトさんの短期合格者の前例を信じることにしたのです。

ラーメン屋の仕事を辞めて、行政書士の受験を思い立ったのが昨年(2011年)8月。ネットで調べてみると、試験日は11月の第2日曜だと。そして口コミ情報などで、合格まで最低600時間以上の勉強が必要だと知ります。単純に計算して、毎日10時間くらい勉強を続ければ、自分も合格できると気持ちを引き締めました。

8月、本試験まで残された時間は3ヶ月。自分で教材を選んでいたのでは間に合いません。また資格の予備校もカリキュラムが決まっているので、このタイミングでは申し込みできません。それで必然的に通信講座で勉強することに。

フォーサイトを選んだ理由は、ホームページの合格体験記や口コミで、短期合格者のメッセージを見つけたからです。慎重に調べて時間をムダにするより一刻も早く勉強を始めた方がいいと思い、またお手頃な価格もあり、どちらかと言えば勢いで申し込んだ感じです。

フォーサイトのフルカラーテキストで勉強してみた感想は?

一日10時間勉強するのがそれほど苦にならない。すっきりまとまっているテキストです!

フォーサイトのフルカラーテキストは、内容がすっきりまとめられていてすごく見やすかったです。市販の参考書のように、ただ文字の情報が羅列してある教科書とはちがい、ポイントが押さえられているのがわかりました。図表をたくさん使って解説しているので、このコンパクトな情報量に圧縮できるのだろうと。イラストも所々に挿入されていたので、一日10時間の勉強がそれほど苦にならないというか、あまり疲れを感じることがありませんでした。

フルカラーテキストに載っている基本事項をきちんと理解した上で覚えてしまえば、合格の基準点は超えられます。特に短期合格を目指す上では、最適な情報量だと思います。

フォーサイトの講義DVDは、どのように使いましたか?

テキストの内容を理解する上で欠かせない教材です。しっかり2回転させました。

学習期間の短さもあり、学習法は我流を出さず、副教材の「戦略立案編」(DVD)のアドバイスに素直に従っています。それで基礎知識のインプットは、講義DVDを見ながらテキストを読むという、オーソドックスなやり方を取りました。

福澤先生の講義がわかりやすいですよね。DVDを見ながらテキストを読むと、よくまとまっているテキストに、さらに必要最小限の予備知識が加わっていく感じがありました。やはり基礎固めは大事だと思い、時間のないなかでもDVDはしっかり2回転させています。

フォーサイトの過去問で勉強された感想は?

テキストとリンクしているので、一日の復習の意味で演習をするのに最適でした。

テキストとリンクしていて、問題が分野別に編集されているのが非常に助かりました。一日に勉強したテキストの範囲と過去問をリンクできるので、復習の意味で過去問を解きたかった私には最適だったと思います。

また問題が難易度別にAからDまで分かれているのもよかったです。難易度ランクの目安を頼りに演習を繰り返すと、これはもう分からなくても大丈夫かなと、合格ラインへ届く按分ができるようになります。6割以上正解できれば合格できるわけですから。チェック欄を活用しながら4〜5回繰り返しています。

副教材で活用したものはありますか?

合格手帳、パソコンシステム「道場やぶり®」、質問メール…。たくさん使わせて頂きました。

トータルで778時間勉強しています。短期で合格をものにしようと決めた以上、勉強の絶対量だけは死守しなければなりません。

そんな私がいちばん活用したのは1週間単位で学習の進捗状況を管理できる合格手帳です。この手帳のおかげで、1日10時間以上の強行軍でも、どうにか軌道修正できたように思うのです。また質問メールを翌日回答してもらえたスピード感にも助けられました。「道場やぶり」は単語のチェックに活用しています。

最後に読者のみなさんにアドバイスをお願いします。

「理解」する勉強を心掛けること。 あとは自分に負けないことです!

行政書士の試験は解釈を問う問題がたくさん出ます。暗記をして覚えようとするのではなく、テキストも問題演習も、必ず理解をしながら進めることが大事です。

あとは自分に負けないことです。後がないと思い、私は本当に毎日10時間続けました。自分の気持ちを高く持つことが大切です。

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ