60歳から挑戦で、2つの難関国家資格取得を実現! | 行政書士

キャンペーンバナー

行政書士通信講座合格者と講師の対談

人物

60歳から挑戦で、2つの難関国家資格取得を実現!

行政書士 DVDコース(基礎+過去問+直前対策講座)
60代 

60歳を機に働き方に変化が訪れ、時間的・精神的に余裕が生まれたことから、退職後にも役立つ資格の取得を目指された並木さん。フォーサイトの通信教育をご活用いただき、2012年に社会保険労務士、そして2013年に行政書士と、いずれも初挑戦ながら、見事2年連続での難関国家資格合格を実現されました。現在は、現職にて知識のブラッシュアップを図るとともに、司法書士試験挑戦という新たな目標に向かい、日々「学び」を楽しまれています。

通信教育を、そしてフォーサイトを選んだ理由は?

初学者でも効率良く学べるので、「仕事をしながらでも学べそうだ」と直感しました

そもそも、通勤がありましたので通学講座の受講は選択肢にありませんでした。独学というのも考えていませんでしたね。テキストの選び方や勉強の仕方に自信が持てなかったので。
通信教育についていくつか資料請求して比較したところ、“初学者向け”ということでフォーサイトに注目しました。

社労士試験も行政書士試験も初学からのスタートでしたから、学習の基礎の基礎、入門的な部分のサポートがしっかりしている点に安心感がありましたね。教材のボリュームについてもかなり絞られているので、仕事を続けながら取り組むのには最適だと感じました。

フォーサイトのフルカラーテキストで勉強してみた感想は?

論点と色が連動することで、より知識が深まる効果を実感できました

単元や論点が分かりやすく色分けされており、テキストを読み込むことで、論旨が色と共に記憶されていきました。また、色分けによって重要事項が一目瞭然なのも、学習効率を高める大きなポイントのひとつだと思いましたね。

ひとつの論点のボリュームが最大でもテキスト2ページ程度にまとめられていたので、無理なく習得することが出来ました。少ない時間でポイントを理解できるので、繰り返し読むのも苦ではありません。

講義DVDで勉強してみた感想は?

飽きさせない工夫が凝らされた、真に通信教育仕様のDVDだと感じました

単なる定点カメラでの録画講義とは異なり、自宅でも飽きずに視聴できるような工夫が随所に感じられましたね。
通信教育でありながらも、講義自体が印象に残るので、集中して学習することが出来ました。映像や音声がシャープであったのも良かったですね。

先生の講義は大変聴きやすく、記憶に定着する授業でした。限られた時間の中でも論点がよく整理されており、覚えるべきことが明確に示されていましたね。

フォーサイトの問題集で勉強してみた感想は?

精選された問題の数々、過去問演習はこれ1冊で充分です

まず感じたのが、問題がしっかりと精選されているなということです。
論点の解説が丁寧で、しかも見開きで使えるよう工夫されているので、受講生の立場に立って構成されていると思いました。

私の場合、テキストで1チャプター終えるごとに問題に取り組みましたが、その際には正誤だけでなく、肢ごとの吟味を欠かしませんでした。
この問題集を繰り返し解くだけで、充分に合格水準の知識を得られる内容だと感じられました。

フォーサイトの教材で、他に良かったものは?

初学者を正しく導く「戦略立案編」に助けられました

「戦略立案編」は、学習開始の段階で大変役に立ちましたね。手順に従って進めるだけでスケジューリングが出来るようになっていますから、とても簡単です。学習スケジュールに沿って取り組むのと、ただやみくもに学習を進めるのでは、おそらく雲泥の差が出てくることと思います。

その他、「道場破り®」はある程度学習が進んでからよく使っていました。繰り返し解くことで、本試験でも直感的に論点や題意に反応する力が自然と身に付いたのではないかなと思います。

直前期に送っていただいた「メールマガジン」には一問一答が掲載されており、基本事項の最終チェックに有効でした。

仕事と勉強、両立のポイントは?

こまめに知識に触れることが大切だと思います

家から駅までの道のり、通勤電車の中、昼休憩など、ちょっとした時間の積み重ねによって知識は定着していきます。
合格カードや講義DVD、道場破りなど、状況に応じて使える学習ツールを工夫し、少しの時間でも知識に触れるようにすることが有効なのではないでしょうか。勉強道具を開けない時にも、覚えたことを頭に思い出したりしていましたね。

最後に、これから行政書士試験に挑戦される皆さんにアドバイスをお願いします。

知的な楽しみにを味わいながら合格してください。

受験勉強は長期に渡りますが、その間はぜひ、勉強することを楽しんでいただきたいと思います。

もちろん、最終的な目標は「試験に合格すること」ですが、その過程ではこれまで知らなかった知識を得たり、漫然と理解していた事柄が体系化していったりという知的な楽しみがたくさん散りばめられています。

私のように年をとってからの資格受験ということであれば、なおさらこうした楽しみを意識しなければなかなか大変なのではないかな、というのも正直なところです。

学ぶ楽しみを味わい、その延長線上で合格をつかみとっていただければと思います。

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ