もうひとつの資格で独立・開業の夢をかなえる! | 行政書士

ダブルライセンス特集

行政書士 × 社会保険労務士

業務の幅が広がるこの2つの資格なら、継続的な仕事を確保でき、
収入の安定が見込める鉄板のダブルライセンスです!

社会保険労務士は、雇用保険、健康保険、厚生年金など、社会保険の手続きをするエキスパートです。開業社会保険労務士は数社の企業と顧問契約を結んで仕事します。

行政書士は、役所に届け出をする義務のある書類を、企業や個人に代わって書いて提出します。建築許可やビザの申請などの国際業務、飲食店営業など、行政書士が手掛けることのできる分野は無数にあります。

この2つの資格はどちらも法律知識が問われる試験のため、社労士試験合格のために勉強した内容が行政書士試験にも活かせ、合格への近道ができます。さらに今後の業務についても幅を広げることができるため、安定した収入を得ることができ、オススメです!

社会保険労務士試験情報

試験日
8月の第4又は第5日曜日
難易度
行政書士と同ランクの難易度です

ダブルライセンスで活躍する実務家紹介

行政書士としてご依頼いただいた案件が労働問題にも絡み、社労士の実務をするということもあります。

前田 敏幸さん(30代・男性)

行政書士の業務はもちろん、社労士業務、起業・経営に関するサービスを行っています。行政書士の業務としては、相続手続き、遺言書の作成、法人・組合設立、営業許認可、離婚・慰謝料請求、債権請求、外国籍の方の入管手続きにいたるまで幅広く対応しています。

> 続きを読む

フォーサイトの通信講座で見事合格された受講生の声

飲食店でフルタイム勤務しながら8ヶ月で一発合格!

土井 加奈子さん(20代・女性)
社会保険労務士合格講座 バリューセット2DVDコース受講

大学時代に学んだ心理学の知識を活かし、なおかつ「一生できる仕事がしたい」ということで、社会保険労務士となって労務管理とメンタル面の両面から働く人や社長のサポートをしたい土井さん。合格後にはすぐに地元の社労士事務所へ転職、着実に夢の実現へと歩み始めています。

> 続きを読む

社会保険労務士講座のサンプル講義をご覧ください

フォーサイトの社会保険労務士通信講座なら合格ライン超えを目指す
効率的な学習法で今なら36,300円〜!

行政書士 × 宅地建物取引士

地域密着の人のネットワークで、営業チャンスが広がる!

どこの街の駅前にも必ずある不動産屋さん。不動産の賃貸や売買のサポートをするスペシャリストにもなれる宅地建物取引士は、地域にとってはなくてはならない存在です。

資格を生かして不動産業に従事し、お部屋探しのお手伝いなどで築いた地域に密着型の人的ネットワークを、そのまま行政書士の仕事にも活かすことができます。

宅地建物取引士の資格を持っていると、実務経験がなくても、不動産会社などへの就職が有利になる点も見逃せませんね。

宅地建物取引士試験情報

試験日
10月の第3日曜日
難易度
行政書士よりは易しいですが簡単に取れる資格ではありません

ダブルライセンスで活躍する実務家紹介

宅建業や建設業の免許の新規申請・更新・変更届、書類提出代行までワンストップでのサービスを提供しています。

石橋 俊之さん(40代・男性)

行政書士として開業するまでに修業期間が1年ありました。建設業の申請をメインに扱う大手の行政書士事務所に勤務しましたが、「ひとつの案件を最初から最後まで、お客様としっかりした関係を築き、責任を持って担当したい」という思いがあり、自宅開業しました。建設業以外の宅建や産廃については行政書士として開業してから勉強を始めました。

> 続きを読む

フォーサイトの通信講座で見事合格された受講生の声

業界未経験、初学者でも4ヶ月のスピード合格!

東海林 一さん(40代・男性)
宅建合格講座 バリューセット2DVDコース受講

まったくの未経験から不動産関係に転職された東海林さん。業務で必要な知識を補うため、そしてお客様からの信頼を得るために、宅建に挑戦されました。初学者からのスタートにもかかわらずおよそ4ヶ月でのスピード合格を果たし、今後はリフォームの現場で活かせそうなカラーコーディネーターの資格挑戦にも意欲的です。

> 続きを読む

宅建講座のサンプル講義をご覧ください

フォーサイトの宅建通信講座なら合格ライン超えを目指す
効率的な学習法で今なら26,700円〜!

行政書士 × FP(ファイナンシャルプランナー)

時代を反映して、相続などの相談に強いダブルライセンス

行政書士は、建設や飲食店経営の許可、車庫証明などなど、役所に届け出が必要な書類の作成を代行する専門家です。

よく「街の身近な法律家」といわれる行政書士ですが、数ある業務のなかでも、近年特に相談件数が増えているのが、相続問題だといわれています。よろしくないことかもしれませんが、高齢化社会が進むに比例して、家族関係のトラブルも増えているのが現実のようです。

独立系FPは、相続相談のプロでもあります。このダブルライセンスですと、行政書士の看板を掲げ広がった顧客へ向け、贈与・相続など法律的なコンサルティングができます。

FP試験情報

試験日
1月、5月、9月の年3回
難易度
FP2級なら3ヶ月での合格も可能!

ダブルライセンスで活躍する実務家紹介

行政書士として、
FP仲間から協力を求められることもあります

飯塚 重紀さん(40代・男性)

FPとしては、ボランティアで活動することが多いのですが、スタディグループやイベントに参加することで、人とのつながりが出来ることが大きなメリット。行政書士として、FP仲間から協力を求められることもあります。

> 続きを読む

フォーサイトの通信講座で見事合格された受講生の声

管理職サラリーマンとして働きながら
4.5ヶ月のスピード合格!

小泉 裕さん(50代・男性)
FP2級・AFP合格講座 バリューセット1DVDコース受講

勉強時間は、平日1時間+電車の通勤時間を利用しました。通勤時間も疲れた時は寝ていたので毎日勉強はしていません。平日に勉強時間をあまり割けない分、休日にまとまった時間を確保して勉強時間にあてていました。スキマ時間を利用して勉強できるので、平日にまとまった勉強時間を設けなくても合格できました!

> 続きを読む

FP講座のサンプル講義をご覧ください

フォーサイトのFP通信講座なら合格ライン超えを目指す
効率的な学習法で今なら34,500円〜!