医療事務・診療報酬請求事務能力認定試験とは | 医療事務・診療報酬請求事務能力認定試験

医療事務資格の魅力を知ろう

医療事務の資格、その中でも診療報酬請求事務能力認定はどうしてこんなに人気があるの? この資格があるとどんなメリットがあるの? どういう人に向いている資格なの? これから資格を取ろうと検討中の方は必見です!

医療事務の資格が人気の理由は?

医療関連の仕事の需要が増していっているからです!

イメージ

医療関係の仕事を目指すなら、もしくは働いているなら、医療事務の資格、その中でも特に診療報酬請求事務能力認定資格は、ぜひとも取得したい資格です。この人気の理由は、仕事に直結する、働きやすい環境が得られる資格だからです。

医療に関連した仕事がどんどん拡大しています!

従来の病院や診療所などの医療施設だけでなく、さらに近年では、在宅診療所(主に在宅中心の診療所)や、看護訪問ステーション、医療システムのインストラクターなど、医療関係の仕事が広がってきています。

今後ますます社会全体の高齢化にともない、医療に関わる仕事は多岐にわたり増えていくことはあっても、減ることはありません。それにつれて、資格の需要もさらに高まることが予想されます。


どんな人に向いている仕事なの?

フルタイムからパートタイムまで、多様な働き方が選べます!

イメージ

医療事務の仕事は、主に医療関係施設での事務職です。医療施設は全国どこでもあるので求人も多く、あまり体力を必要としないので、年齢や性別などにかかわらず、長く安定して働けるのが魅力です。

生活環境に合わせた働き方ができます!

医療事務の仕事は、正社員、パート、派遣など、働き方を選べるのも魅力です。女性が多く活躍している分野ですが、それは結婚や出産などによる生活環境の変化に合わせて、家事や育児と両立しながら働けるからでもあります。

男性のセカンドキャリアとしても注目度アップ!

24時間体制の医療が求められることが多くなってきました。そのため、曜日や時間帯によっては、定年後の男性も労働力として求められるケースが増えています。女性だけでなく、男性のセカンドキャリアを考える上でも、選択肢となってきています。


診療報酬請求事務能力認定資格を取得するとどんな良いことがあるの?

専門知識を得てステップアップできます!

イメージ

医療事務の仕事も近年ではIT化が進んでいます。その結果、現場にもレセプト知識が少ない人が増えてしまいました。そのため、専門知識を有した人が求められています。

診療報酬請求事務能力認定は、その他の医療事務資格よりも広く深く専門知識を得ることができるので、需要が高まっています。

また、すでに現在医療事務の仕事をしている方にとっても、診療報酬請求事務能力認定の取得はステップアップとなります。診療報酬に関する専門知識を得ることで、さらに仕事の幅を広げることができます。

唯一の公的試験ならではのメリットがあります!

診療報酬請求事務能力認定は、多くの医療事務資格の中で、唯一の公的な試験です。公的試験ならではの信用があることも大きなメリットです。医療機関にとっては、公的資格である診療報酬請求事務能力認定の取得は、自院職員の知識確認の指標となります。そのため、会社や医療機関によっては、募集の際に必須の資格としているところもあります。


まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!