通信教育の最近のトレンドは?

サクセスストーリー

通信教育の最近のトレンドは?

どうして通信講座はそんなに成長しているの?通信講座ではどのように学習できる?
受講生が急増する通信教育システムの魅力に迫る!

通信教育で学習している人は増えていますか?

これま7年間で、通信教育のマーケットは約3倍成長しています!

イメージ

数字で見ますと通信教育のマーケット規模は、2003年度の1,700億円から、現在は5,000億円に達する勢いで伸長しています。そのぶん、最近では学校に通って資格取得を目指すという人が急速に減っているのはホントの話です。

「学校が遠くて大変」、「仕事が忙しくて通えない」・・・。

それでも確実に合格を目指したい方々が、通信教育に注目しています。

通信教育が成長している理由は?

自宅でも、講師の授業を受けられるからです!

いままで「学校」といえば、「通学」がメインでした。テキストの学習にプラスして、学校で「授業」を受ける学習効果は絶大です。「授業を受ける」ことが大切です。

「通信講座」が成長している理由もそこにあります。パソコンやインターネットが広く普及して、自宅でもDVDやオンライン配信で、講師の授業が受けられるようになったことが大きく影響しています。通学のライブの講義は、たしかに大きな効果があります。しかし予備校や専門学校などが集中しているのは、地方では都市部に限られています。

通信教育は、そのように距離や時間に制約がある、「教室で授業を受けたくても受けられない人」を、メディアを駆使した学習でサポートしています。

通信講座は、「学習場所を選ばない」ってホント?

フォーサイトの教材を活用すると、自宅、通勤・通学の電車内、外出先など、いつでもどこでも学習できます。

イメージ

パソコン、スマートフォン、タブレット、CD・DVD、MP3プレイヤー・・・。世の中に便利なメディアがそろい、「場所を選ばず学習」する方が増えています。

カセットテープ何百本ぶんものデータが、いまはiPodやiPhoneなど小さなメディアにまるごと納まる時代です。「教材はどこへでもなるべく多く持ち歩く」ことが効率のよい学習のひとつのポイントです。

またどんな分野の勉強でも、学習は気分転換をしながら「分散学習」をするのが効果的です。

自宅ではDVDやテキストで集中学習(教室の授業)。通勤・通学などの移動時間や、コーヒーショップでの一休みの時間も活用(CDによる復習)など、自分の時間に合わせてツールをフル活用することで通信教育の学習効果は何倍にも広がります。

通信講座をやり通すには、根気が必要ですか?

DVD・CDなどのメディアが、学習ペースを作ってくれます。
自分のスタイルに合った学習ができます。

通信講座の学習も、独学と同じように自宅学習が中心になります。そのため自己管理は大切です。でも、「必ず合格してみせる」という意志を持って、自分のペースで学習時間を積み上げれば、大丈夫です。

通学ですと「授業があるから学校へ行かなくては」、と受け身な気持の日もあるかもしれません。しかし、「自宅でDVDの講義をみるためにテレビをつける」 こと。そこには、いつも前向きな気持ちがあります。テキストのみの独学とちがい、通信講座の学習では、DVD・CDなどメディアのなかの講師が、みなさんをナビゲートします。メディア学習は、学習のペースもつかみやすいのです。

ページのトップへ