難易度を他のIT系の資格と比較|ITパスポート・iパス

サクセスストーリー

難易度をほかの資格と比較してみよう

イメージ

数あるIT系資格のなかで、ITパスポートはどのランクに位置づけされているの?どの資格ならダブルライセンスを取得できそう?そのほかの資格と難易度を比較してみよう!

「ITパスポート」と「.comMaster」はどちらが難しい?

ITパスポート試験は、「.comMaster★」(シングルスター)と同じ難易度です。

.comMasterの「★シングルスター」で身につくスキルはPCの接続やWEBブラウザの設定など実践的な技術です。この知識はもちろん「ITパスポート」でも学ぶことができます。

しかし「★★ダブルスター」の試験になりますと、ネットワークのデザインやトラブルの問題解決などにも直接活かせるレベルのスキルを学ぶことになります。これはプロの技術者も受ける試験ですから、難易度が高くなるのも当然ですね。

社会人の誰にも求められるITの知識を一通り身につけるという意味では、ITパスポートの方が適しています。その上でカスタマーサポートなどの仕事を希望されている方は、「.comMaster★」も取得しておくと、採用担当者の評価も高いと思います。

「ITパスポート」と「J検」はどちらが難しい?

ITパスポートはJ検の入門編と同じ難易度の試験です。

イメージ

「J検」の試験には、「情報システム試験」・「情報活用試験」・「情報デザイン試験」の3つがあります。このなかでITパスポートと比較をしたいのは、「情報活用試験」と「情報デザイン試験」です。この2つの試験の初級コースは、難易度もITパスポートとほぼ同じです。

特に「情報活用試験」では、情報の収集・整理についての設問が具体的ですので、パソコン操作のスキルを万全にして就職に備えたい学生さんにはお薦めです。しかし「情報活用試験」と「情報デザイン試験」で学ぶ内容は、ITパスポート試験でも一通り身につけることができます。

またJ検の「情報システム試験」は技術系の人を対象にしていますので、事務や営業職希望の方には当面は必要なさそうです。

国家資格であることの認知度などから考えますと、やはり「ITパスポート」がお薦めということになりそうです。

「ITパスポート」と「マルチメディア検定」はどちらが難しい?

マルチメディア検定の2級以上はかなり難しいです。

「マルチメディア検定」は1級、2級、3級に分かれています。入門レベルの3級は「ITを効果的に利用した仕事ができるレベル」を目指す試験です。このレベルの内容は「ITパスポート」の試験でもカバーされています。

しかし2級となりますと、「IT関連部門で中心的役割を担うレベル」が目指されています。つまりIT環境を整える責任者を任されてもすぐに対応できるレベルということですので、試験も難しくなります。

「ITパスポート」は、情報処理の入門資格です。オフィス系の仕事に活かす目的で、ITの資格を初めて目指すという方には、「ITパスポート」をお薦めします。

「ITパスポート」と「パソコン検定(P検)」はどちらが難しい?

「ITパスポート」はパソコン検定2級と同じクラスです。

「パソコン検定」(P検)の受験者の70%近くは、10代の中学生や高校生などです。

P検は学生の職業能力養成を主な目的とした試験ですので、試験はとても易しい5級のレベルから、8段階に分けられ1級まで設定されています。

ただし3級以上になりますと、試験で問われるセキュリティ管理やシステム運用の知識は、社会人が社内ですぐに活用できるレベルの高さにあります。

資格マニアになってはいけませんが、ITの資格や知識は、たくさん持っていると、それだけ「できる事」・「解る事」も広がっていきます。「ITパスポート」の取得を目指している方も、「P検」上位の資格をダブルライセンスとして検討してみることはお薦めです。

「ITパスポート」と「簿記」はどちらが難しい?

どちらの資格も、ほぼ同じ学習時間で取得できるでしょう。

勉強する内容がまったく異なりますので一概には比較できませんが、合格に必要な学習時間や合格率などで比べてみると、「簿記3級」と「ITパスポート」の試験は、同じくらいの努力で合格できることがわかります。「簿記3級」の合格率は毎回40%~50%ほどです。

就職の対策ということを考えますと、「ITの基礎」も「経営上のお金の流れの知識」も、社会のスタートラインに立つ前に身につけておきたい知識です。

この2つ基礎があると、いろんな業務がスムーズに進められます。社会人の方はもとより学生の方も身につけておきたいダブルライセンスです。

ページのトップへ