マンション管理士・管理業務主任者について

マンション管理士・管理業務主任者について

マンション管理士・管理業務主任者とは

マンション管理士とは?

一戸建てとは違って、マンションの場合、ひとつの建物に多くの方が生活していますので、ペットの問題・騒音・修繕など、様々な問題が発生します。

このような場合に、マンションの管理組合やマンションの所有者から相談を受け、それに対してアドバイスをするのがマンション管理士です。いわばマンション管理のコンサルタントです。

管理業務主任者とは?

通常、マンションの管理は管理業者に委託します。そして、きちんとマンションを管理するためには、管理業者のスタッフの中に専門的知識を有している者が存在し、特に重要な業務に関しては、その専門家が業務を行うことが必要となります。この専門家が管理業務主任者です。

具体的には、管理受託契約の重要事項の説明から、受託した管理業務の処理状況のチェック及びその報告などといった業務を担います。
管理業務主任者は管理会社に勤めるにあたって必須の資格だといえます。

取得することのメリット

特に、マンション管理会社では一定数の管理業務主任者の設置が義務付けられていますので、マンションが林立する現代においては、必要性の高い資格といえます。

マンション管理士として独立開業して、マンションに関連する法律の専門知識をもって、マンションの管理組合や区分所有者からの相談に応じ、アドバイス・指導を行います。アドバイザーという役割を担うことで、マンション管理組合と顧問契約を結び、定期に安定した収入を得ることができます。

また、専門的な知識が身につくため、ご自身がマンションを購入する、マンションに居住するといった場合にも大いに役立てることができます。

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!