合格体験記 「定年に備え、何か資格を取ろうと受験」

マンション管理士・管理業務主任者通信講座合格体験記

文字サイズ 

定年に備え、何か資格を取ろうと受験

( 男性 /  50代  / 公務員・団体職員 )

マンション管理士と管理業務主任者の教材をしました。

普段は公務員で不動産とは全く関係のない仕事をしています。
定年に備え、何か資格を取ろうと受験しました。

今回が初回の受験でしたが、怠け癖のある私は、
受験の約2月前からようやく勉強を始めました。
勉強するのは、もっぱら通勤電車の中と休日のみでした。
案の定、マンション管理士は不合格でしたが、
その1週間後に受けた管理業務主任者にはなんとか
合格することができました。

マンション管理士は、DVDを一通り早送りで見て、
次に問題集に取り組みました。
DVDはいろいろなエピソードが含まれており、
社会勉強としても面白く拝見しました。

しかし、時間があまりなく
1回だけしか問題を解くことはできませんでした。
マンション管理士の勉強は、
利益の相反する人たちをどう折り合いをつけていくのかが
学べる良い機会となりました。
マンション管理士の試験は自分では
合格してもおかしくないくらいできたと思ったのですが、残念でした。

学生時代から一夜づけでの受験ばかりをしてきた癖が抜けず、
また、宅建も2007年に1ヶ月半程度の勉強で合格できたせいで、
マンション管理士も「大したこと無いだろう」と油断していました。

マンション管理士の受験を勉強を始めるのが
余りにも遅すぎました。
管理業務主任者にいたっては
テキストと問題集を斜め読みした程度で受験しましたが、
それでも合格できました。

これも要点がまとめられていた教材のおかげと感謝しています。
マンション管理士と管理業務主任者の出題範囲は
重なるところが多いのですが、管理業務主任者の方が範囲が広いとおもいます。、

管理業務主任者に合格できたのは、
常識で考えれば答えが出る問題が多いせいと、
マンション管理士受験からさらに1週間の勉強が
余計に集中することができたためであろうと思います。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!