合格体験記 「通勤時間を勉強時間としたこと」

マンション管理士・管理業務主任者通信講座合格体験記

文字サイズ 

通勤時間を勉強時間としたこと

( 男性 /  50代  / 会社員 )

マンション管理士41点、
管理業務主任者37点で
ダブル合格できました。

昨年宅建をとった流れでの今回の挑戦ですが、
テキストを見始めたのは7月からで
テキストとDVDは結局1回しかやりませんでした。

本格的に始めたのは9月下旬に受験申込をしてからです。
通勤の往復2時間を勉強時間としました。
幸い座れるので講義のCDを聞きながら、
座席で問題集を開いて解答面を隠しながら、
往復みっちりやりました。

教材は過去問と某社の問題集です。
結局過去問は5回、問題集は3回やりました。
途中で送られてきた24年度の問題を解いてみたら、
25点だったので、ここから危機感をもって本気になりました。

直前1か月の土日は各社の模擬問題4冊と
過去問で間違い回数の多い問題を繰り返しやりました。
市販の模擬問題はどれも32,3点から、37、8点くらいまでで、
少しずつ尻上がりによくなってきたようです。

実際の本番の試験はやさしく感じました。
10問はすぐに答えが出なかったのですが、
終わった後の自己採点では41点とれていたので、安心しました。

管業については、マン管の後の1週間で、模擬問題を1冊やりました。
というかそれしかできなかったのですが、
本番はこっちの方が難しかったです。

個数問題が多かったのとマン管とちがい、考える問題ではなく、
知らないとできない問題が多かったと思います。

自己採点は他社の解答速報が異なっていたため、
36点から38点にばらつきましたが、
ネットでは「マン管は易化したが管業は難化だ」と書かれていたので、
何とかなるかなと思いました。

結果としてマン管合格の決め手になったのは、
過去問の繰り返しだと思っています。
それと通勤時間を勉強時間としたことかと思います。
ありがとうございました。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!