他の資格と仕事内容を比較してみよう

サクセスストーリー

他の資格と仕事内容を比較してみよう!

マンション管理士と相性のよいダブルライセンスは?マン管へのステップアップに有利な資格は?建築とその他の業界にわたり、関連資格をチェック!

マンション管理士と行政書士は?

どちらも人のネットワークが大切な仕事。ダブルライセンスの開業者多数。

イメージ

行政書士は、役所に届け出が必要な書類の作成を代行する専門家です。建築業や飲食店経営許可、会社設立、国際業務(ビザ申請等)ほか、行政書士の守備範囲は奥行きの広いものです。

そしてマンション管理士とのダブルライセンスで開業している書士さんはとても多いです。

マンション管理士が新しい資格であることもあり、今の傾向は、以前から行政書士事務所を開いていた実務家さんが、事業の拡大を目的にマン管の資格を取得しているケースが多いようですね。

このダブルライセンスの魅力は、どちらの資格も「人の集まるところが仕事場」であることです。マン管として管理組合をサポートする仕事では、人のネットワークは自ずと広がります。その人脈を活かし、遺言や相続など、行政書士として個人のお客様のお困りにもお応えできることが強みのようです。

マンション管理士と宅建主任者の組み合わせは?

宅建の知識があると、一層深く顧客(管理組合)をフォローできます!

不動産の売買・交換・貸借の仲介などが主要業務。あくまで「建物の取引き」に携わるのが宅建主任者です。

一方マンション管理士は「建物に暮らす人のお困りを解決」します。

「建物に携わる」といっても、その役割ややり甲斐はかなり異なります。あくまで「不動産業」で稼ぐなら宅建、就職・転職に有利な資格も宅建、コンサルタントとして人助けをするならマンションン管理士、という選択になるでしょう。

ただ、この2つの資格の相乗効果を活かすとなると事情は変わってきます。例えば、マンション管理士として管理組合をサポートするなかで、1区分所有者から建物の売買や賃貸の相談を持ちかけられたケースなどです。その時に宅建主任者であれば、適切なアドバイスができます。たとえ売買などの仲介業務はほかの宅建主任者に任せたとしても、親身な世話を受けたことで、管理組合からの信頼は一層増すことになります。

マン管はコンサルタント業務ですから、お困りになるべく広くお応えできる方が、仕事を成功させやすいのです。

マンション管理士と管理業務主任者の組み合わせは?

取得が容易な転職の切り札なら「管理業務主任者」。
自由度の高いコンサル業を目指すなら「マンション管理士」です。

管理業務主任者が働く場所は、主にマンションの管理や保全を行う管理会社になります。不動産業者に一定数の宅建主任者の設置が義務づけられているように、管理会社にも管理業務主任者を設置する義務があります。そのため求人のニーズも安定しています。

しかし管理業務主任者の資格のみでは、独立開業はできません。また、管理業務主任者もマンション管理士も、同じようにマンションの保全・修繕に関わりますが、役割は大きく異なります。コンサルタントして国家資格の看板を掲げ、自由度高く活躍できるのは、もちろんマンション管理士の方です。

マンション管理士と建築士は?

建築士の実務経験は、マン管として開業する大きな武器!

イメージ

建築士として、建物の設計や施工管理に携わってきた方にとって、マンション管理士へのチャレンジは、大きく世界を広げることになります。

マンション管理士が向き合う問題解決が、ソフト(住民間の問題)とハード(建物の問題)の大きく2つであることはすでにお話ししました。建物の技術についてすでに多くの経験を蓄積してきた建築技術者が、マン管の資格を併せ持っていれば、管理組合様からより大きな信頼を寄せられることは必至です。そのため開業もしやすいのです。

ただこのダブルライセンスでは、施工管理等の実務経験が必須です。単にこの2つの資格を揃えるだけでは意味がありません。これから取得を目指す方は、将来設計をよくよく検討してください。

マンション管理士と中小企業診断士・税理士

コンサルティングしたい対象は何か?その見極めが大切です。

不動産・建築業種との直接の関連性はありませんが、試験の難易度(国家資格の信用性)で比べてみると、同ランクの資格には、中小企業診断士、税理士、社会保険労務士等の国家資格が挙げられるでしょう。これらの資格を紹介する理由は、いずれも独立開業向きの資格であり、かつコンサルティング色の強い資格だからです。

「開業者としてコンサルタントを生業にする」といっても、何をコンサルティングするかが問題ではないでしょうか?大まかにお話しすれば、中小企業診断士は「経営」を、税理士は「税務(お金)」を、社労士は「社会保険と労働環境」をコンサルティングします。そしてマンション管理士は、一見「建物」をコンサルするようでいて、実は「人の集合体」をコンサルティングする仕事です。

しかも企業で働いている時の「人」ではなく、一住民としてお困りを抱えている素顔の「人々」です。コンサルタントして「人助け」をする満足が大きいのは、まちがいなくマンション管理士です。

ページのトップへ