将来のライフプランの一環として挑戦

マンション管理士・管理業務主任者通信講座合格者と講師の対談

※2016年度試験対策講座までの担当講師、山田浩司講師と合格者の対談動画になります。

人物

将来のライフプランの一環として挑戦

管理業務主任者講座DVD
50代 

会社員として働いている河口さんは、将来のライフプランの一環として、宅建の資格を2年前に取得しました。宅建に関連する「管理業務主任者」の資格を取ろうと考え、宅建の資格を合格した直後に管理業務主任者の試験を受けましたが、4割程度しか取れないという苦い結果となってしまったそうです。これは本格的に勉強しないと受からない試験だと肌で感じ、フォーサイトの通信教育を選択して、学習期間5カ月で見事一発合格を果たされました。今後は、管理業務主任者と相性の良いマンション管理士の資格取得を目指される予定です。

通信講座を、そしてフォーサイトを選んだ理由は?

重点箇所が明確にされているテキスト

最初は独学で受けましたが、散々な結果だったので、独学は断念しました。仕事もしているので、自分のペースで勉強のできる通信教育が最適だと考えました。フォーサイトを選んだ理由は、値段がリーズナブルなことと、テキストがカラーで見やすいことでした。特に、重点箇所が明確にされているテキストがすごく勉強しやすく、理解しやすい教材でした。

フォーサイトの教材を使ってみた感想は?

講義CDを聞くだけで内容を理解できていました

まず、講義CDについて。通勤中に2度ほど聞きましたが、聞いただけである程度内容が理解できるようになっていました。講義CDを聞いた後にテキストを見ると、理解度がすごく高まりました。テキストもとてもわかりやすく、重点箇所や省く部分など勉強する箇所を明確に指示していただけたので、勉強をすすめやすかったです。市販のテキストとは比べ物にならないくらい見やすくわかりやすかった。直前対策講座もタイミングの良い時期に届き、この教材のおかげで現在の自分の実力がわかりました。

フォーサイトの副教材やフォローサポートは?

演習ノートは記憶の定着と頭の整理に最適

演習ノートを活用しました。ただ問題を解くのではなく、誤りと思われる設問はどのように直すと正しい内容になるかを書くことで記憶が明確になり頭の整理ができたと思います。字があまりきれいじゃないので、見直しは回答があっているかの確認程度にしました。
「道場破り®」は、確認テストを何度か利用しました。すべて合格するまで、繰り返し問題を解くことで、理解が深まったのではないかと思います。

試験勉強において工夫したことは?

通勤時間に講義CDを聞いていました

朝早く出社して喫茶店で30分程度勉強をしました。私の場合、通勤時間が約1時間半と長かったので、その間、講義CDを聞いていました。仕事から帰ると夜10時を過ぎている時もありましたので、夜は勉強しませんでした。土日も平日と同じくらいの時間帯に勉強する習慣を付けました。

最後に、これから管理業務主任者に挑戦される皆さんにアドバイスをお願いします。

テキストを読むだけではなく、講義CD・DVDなど音で勉強をして、理解しているかの確認のためにテキストを読むこと。これを何度も繰り返し行い、多くの時間を費やすことが大切だと思います。勉強をルーチンワーク化してしまえば、合格できると思いますので皆さんも頑張ってください。

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!