合格体験記:58歳の私には壁は高かったのではないかと| 旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者通信講座合格体験記

文字サイズ 

58歳の私には壁は高かったのではないかと

( 男性 /  50代  / 会社員 / 国内旅行 )

当年58才。。
会社は運輸業です。
新規部門として旅行部門を立ち上げようと思い、
国内旅行業務取扱管理者試験に挑戦しました。

当社より受験したのは5名。
最高齢の私のみが合格しました。

絶対に合格しなければいけないと思いましたが、
独学だけでは不安、しかし授業料が高い通信教育は無理。
また、この試験くらいは独学でもなんとかなるんじゃないか
という気持ちもありました。

しかし、まずは独学で始めてみて思うように進まないのと、
横着心が妨げになりました。

このままではダメだと思い、効率のいい
勉強方法はないものかと探している時に
フォーサイトを知りました。
ネットの検索です。

とにかく値段が安いし、
直前までのがしっかりしていそうだと決めました。

購入してからもDVDは一応見るものの、
試験日が遠い時は熱が入りませんでした。
当初から国内地理と実務がポイントと思っていたのですが、
こちらも苦手意識が先に立ち、地理はある程度わかることもあり、
エンジンがかかりませんでした。

本気になり始めたのは2ヵ月前。
まだひと通りできていなかったので、
出勤前の30分と帰宅後の1時間、
休みの2時間程度を勉強に充てました。

旅行業法と約款はある程度点が取れるかなと
自信ができたところで、お盆過ぎに
受験する会社の仲間と模擬試験をやりました。

結果は惨敗。時間も足りず、得意なはずの
旅行業法や約款でさえ50点前後で打ちのめされました。
実務は30点台。あと1ヵ月もない時期にこのありさまでは
合格は到底おぼつかない。

ただテキストから読み直していたのでは間に合わないので、
過去問題と想定問題集を徹底してやりました。
ただし、間違ったところのみ正解するまでというようなやり方で。

地理はネットで白地図を取り入れ、
テキストにある都市やまつり、季節を書き込んで覚えました。
最後の2週間では土日で7,8時間掛けて復習しました。

そして当日。
過去問題はある程度、同じ問題が出たら
できるようにはなっていたのですが、
なにせ模擬試験のことがあり、不安は大きいものでした。

時間が足りるか?
試験を始めてみて、速いペースで解答していき、
全部解答したのが30分前。
あやふやなところを2,3見なおしすると訂正することに。
実はこの訂正が合格をもたらしました。

自己採点だと旅行業法や約款は
70~80点でクリアしたのですが、
実務は多分62点。
個々の訂正が大きく響きました。

訂正したのは直前に勉強してチェックしていた地理。
私は岡山の出身なんですが、地理でその岡山の問題が
2問も出たのもラッキーでした。

フォーサイトの教材はモチベーションが上がらない時は
DVDをただ流しているだけで、やる気を待ち、
想定問題では同じ系統の問題を徹底的に繰り返し、
模擬試験で気合を入れることができ、とても助かりました。

独学ではこうは行かなかったでしょうし、
58歳の私には壁は高かったのではないかと思っています。
ありがとうございました。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ