合格者と講師との対談を動画で見る!:忙しい大学生活を送りながら国内と総合の両方に合格|旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者通信講座合格者と講師の対談

人物

忙しい大学生活を送りながら国内と総合の両方に合格

旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者 2014年10月試験対策DVD
20代 

昨年、国内旅行業務と総合旅行業務取扱管理者の両方に合格された日裏さん。現役大学生の日裏さんは、旅行会社に内定をいただき、会社から総合旅行業務管理者を取得した方が良いとアドバイスを受け、資格取得を目指し、フォーサイトの教材で見事合格されました。大学の授業やアルバイトもしながら、国内と総合の両方に合格できた秘訣をお伺いしました。

通信講座を、そしてフォーサイトを選んだ理由は?

資料請求のサンプルテキストを見て決めました

書店で旅行業務の本を探してみたが、わかりにくいし、分厚いし・・・。とても独学は無理だと判断しました。通学の場合だとお金もかかるし、私は学生なので大学の授業もあり、アルバイトもしていたので、資格の勉強をできる時間帯もバラバラということもあり、決まった時間に資格の学校へ通うこともできませんでした。そこで通信教育を受けることに決めました。フォーサイトを選んだのは、値段が安いこともありましたが、資料請求をした際、サンプルテキストを拝見して、カラーでわかりやすく、これならできる!と思い受講しました。

フォーサイトの教材で学習された感想は?

書店にあるテキストとは違い、テキストが見やすくわかりやすい

書店で旅行業務取扱管理者のテキストを見たのですが、本も分厚いし、テキストも文字が多く読みにくいし、どれが重要なのかわからなく、頭に入ってこないテキストばかりでした。フォーサイトのテキストはカラーで見やすく、図解されているのでイメージがしやすかったです。しかも講義DVDもあるので、大学の授業と変わらず、とてもわかりやすかったです。

勉強で工夫したことは?

スキマ時間で暗記科目を繰り返し覚えた

1週間に1日は、何も予定を入れない日を作ろうと考えました。その日は、大学の図書館に行って勉強しました。大学の視聴覚室はDVDも見られるので、活用しました。まとまった時間を確保できない日は、観光地などの暗記科目をスキマ時間(バイトの休憩中や移動中など)に勉強しました。暗記科目は何度も繰り返し勉強して覚えるようにしました。「道場破り®」の確認テストは、試験直前期に何度も繰り返し解きました。「道場破り®」はテキストを持ち忘れた時とかにいつでも勉強できるのでとても便利ですね。

モチベーションの維持はどのようにされましたか?

合格したら自分にご褒美

内定先の会社からもプレッシャーはありましたが、私はずっと旅行会社に就職したいという想いが強く、社内でも総合旅行業務取扱管理者の資格を持っている人の方が昇進されているので、就職先においてもこの資格は有利だと感じており、資格取得へのモチベーションを高く保てました。また、合格したらご褒美としてディズニーランドに行こうと決めていました。内定会社の人事の方からも褒めていただき、とても嬉しかったです。

最後に、これから総合旅行業務取扱管理者に挑戦される皆さんにアドバイスをお願いします。

合格したら自分にご褒美

総合旅行業務取扱管理者の試験は、決して偶然では合格できない試験です。私の場合、学校の授業やアルバイトをしていたので、しっかりと勉強時間を確保できませんでしたが、通学の移動時間やバイトの休憩時間などを活用しながら合格できたのは、フォーサイトの通信教育のおかげだと思っています。私の場合は、絶対に独学では合格できなかったと思います。ぜひ皆様も合格できるように頑張ってください。

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ