合格者と講師との対談を動画で見る!:会社の事業を広げるために取得しました|旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者通信講座合格者と講師の対談

人物

会社の事業を広げるために取得しました

旅行業務取扱管理者 総合旅行業務取扱管理者2015年10月試験対策DVD
40代 

海外と日本の旅行会社をつなぐお仕事をされている藤村さん。より業務を詳しく知り、事業を広げるために、資格を取得されました。3ヶ月で集中して学習して見事一発合格。さっそく新しい事業企画の構想を練っておられます。

資格を取得するきっかけは?

旅行に関する業務について、さらに詳しい知識を身につけるためです

勤務している会社で、インドネシアのリゾートホテルとダイビングショップや、パラオのクルーズ船などの販売代理店として、日本国内の旅行会社さん向けに販売する業務を行なっています。その業務の中で、旅行会社さんと、その先にいらっしゃるお客様向けの商品を提案するに当たりまして、旅行の業法ですとか、約款も勉強した方が、よりお客様目線での商品が作れるのではないかと思いまして、それが学習するきっかけとなりました。

学習時間の作り方は?

少しずつ合間に時間をつくって勉強しました

試験3ヶ月くらい前に学習を始めました。自分の性格上、あまり時間に余裕があると、真剣に勉強しないのではないかと思いまして、期間を決めた上で勉強しようと思いました。昨年受からなければならないという事情はなかったのですが、期日を設定しないと、本腰が入らないもので、3ヶ月と区切って、無理やり、何が何でも合格するぞという気持ちで勉強しました。

webサイトで、3ヶ月の学習期間で合格された方の体験記を拝見したので、自分も同じようにチャレンジしようと始めたのですが、実際に教材が届いてみると、学習範囲が思っていたよりも広くて、正直やばいなと思いました。また、仕事をしながらの勉強なので、一日の中で使える時間は少なかったので、工夫が必要でした。いままでお昼ご飯は外食していたのを社内でとり、余った時間で勉強したり、帰宅してから、夕食の時間を少し遅くして、その前に1時間とか1時間半勉強する、ということをしていました。

苦手な分野の克服方法は?

地理はイメージで覚えて、運賃は問題演習と質問機能で理解しました

まずはDVDを視聴しまして、それからテキスト、問題演習という形で進めました。
苦手だったのは海外の観光の地理です。すごく範囲が広くて、覚えるのに苦労しました。学習の仕方としては、webサイトでその観光地の写真や、実際に旅行された方のコメントなどを拝見して、それと地図と一緒に覚えるようにしました。

講義DVDについては、先生がすごくゆっくりと落ち着いて話してくださったので、リラックスして視聴することができました。運賃の計算も苦手で、問題演習に時間を割いて、反復練習をしたのですが、自分一人だと理解が難しかったところは質問もして、先生に教えていただけたので助かりました。

今後の目標は?

会社の事業の枠を広げられるよう考えています

資格を取得しようと思った時の考え通り、業務範囲を拡大したいです。今現在お世話になっている旅行会社さんとは競合しない範囲で、仕事の枠を広げていけたらと思っています。まだ検討段階ですが、例えば海外のダイビングのお客様を日本に案内したり、日本のダイビングショップと協力して仕事をすることができたら良いなと考えています。

これから旅行業務取扱管理者に挑戦される皆さんにアドバイスをお願いします。

フォーサイトには短期間で合格できる教材がそろっています

私が通信講座を選んだ理由は、やはり日々の仕事と、家庭もありますので、自分で学習の時間をコントロールできるというところでした。その中でもフォーサイトを選んだのは、短い期間で合格するためのノウハウがしっかりあると信じたからでした。

テキストの内容も簡潔にまとめてありましたし、講義DVDも、通常の速度と、早い速度でも視聴できるようにできていましたので、それらの教材をフル活用して、なんとか短期間で合格することができたと思います。

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ