社会保険労務士について

社会保険労務士について

社会保険労務士(社労士)とは

社会保険労務士とは、社会保険労務士法という法律に基づく国家資格です。すなわち、国が認めた資格です。

社会保険労務士は、働く場面におけるヒトに関するエキスパートであるとともに、日常生活に大きくかかわる社会保険に関する良き相談相手となる法律家です。

働く場面においては、企業における人事関連の仕事全般を行うことができ、社会保険に関連する手続や就業規則の作成・変更、さらには従業員の採用・配置・昇進・退職の際などにおける様々な事態を、迅速かつ的確に処理していきます。

それに加え、昨今、労働者の意識が大きく変化していく中で、ワーキングプア問題やセクハラ・マタハラ・パワハラなど様々な問題が生じていますが、社会保険労務士は、専門知識をベースにして、そのような事態を生じさせないよう、さらには、労働条件の改善を図れるよう企業にアドバイスをしたりもします。

また、日常生活において、医療保険や介護保険、年金などに不安を抱える方が少なからずいらっしゃる現状において、その相談に応じ、適切なアドバイスを行います。

このような業務を行う社会保険労務士は、今、まさに、時代が求めている資格といえます!

取得することのメリット

雇用の流動化、混迷する労働問題、複雑化する年金制度、医療や介護に関する負担の増加など、現在の社会は多くの問題を抱えています。そのため、人事・労務、社会保険に関する専門家である社会保険労務士は、欠くことができない存在となっています。すなわち、社会保険労務士に対するニーズは、今後さらに高まることでしょう。

社会保険労務士は、大きく2つのタイプに分けることができます。
1つは、自ら独立をして業務を行う開業社会保険労務士、もう1つは、企業などに勤務して業務を行う勤務社会保険労務士です。資格取得を考える方の中には、独立開業を目指す方が多い傾向があります。社会保険労務士は、その知識を活用して仕事を進めていくので、もし開業といった場合でも、初期投資が少なく済みます。そのため、独立開業を目指す方には最適の資格といえます。

また、社会保険労務士には、独占業務があります!
つまり、社会保険労務士でないと行うことができない業務があります。たとえば、企業から委託を受けて社会保険に関する手続を行うことは、この独占業務の1つです。この独占業務があるということは、開業をする上で、大きな強みとなります。

社会保険労務士試験に合格した後に、たとえ、社会保険労務士としての業務を行わなかったとしても、社会保険労務士試験の合格のための勉強の中で得た知識は、生活に直結した知識なので、日常生活の中でふんだんに生かすことができ、地域貢献や社会貢献活動に活かすこともできます。

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!