カリキュラム 社会保険労務士 

段階を踏んだステップアップを実現!レベルアップカリキュラム

教材ばかりに目を向けがちですが、カリキュラムの組み方も、学習では大切な要素のひとつ。

フォーサイトでは、長年の指導実績をもとに「レベルアップカリキュラム」を考案しました。

レベルアップカリキュラムとは?

「勉強しやすい科目」から徐々にレベルアップ!

社労士の試験範囲は幅広く、「勉強しやすい科目」もあれば、逆に「とっつきにくい科目」もあります。

まずは、社労士の学習内容を身近に感じるためにも、「勉強しやすい科目」から手をつけるのが効率的。
 
学習を進めるうちに、法律独特の言い回しにも慣れ、その後の学習もスムーズに進みます。

「基本」を固めることが合格への近道!

社労士試験は広範囲から出題されるため、つい応用的な細かい事項に目を向けてしまいがち。

しかし、あくまでも大切なのは「基本」です。「基本」が身についていなければ、応用問題にも対応できません。「基本」を固めることこそ、合格への近道です。

カリキュラムの全体構造

全体像

基礎講座

資格マンガ
マンガ
社会保険労務士 真中進

何も知らない状態から勉強をスタートするよりも、少しでも予備知識を持っていた方が、その後の学習がスムーズに進みます。

マンガ「社会保険労務士 真中進」は、社労士試験の重要科目の内容や社労士の仕事について、イメージが膨らむように作成しています。

学習を始める前に、読んでください。

戦略立案編
効果的な学習法を学ぼう!「戦略立案編」

効果的に学習するには、いくつか知っておくべきポイントがあります。勉強を始める前に「戦略立案編」を読んで、学習のポイントを確認しておきましょう。

入門講座
全体像をつかむ「入門編」

初めて法律の勉強をする方や、実務経験のない方にとって、社労士の学習内容はやや難解。
まず「入門編」で社労士に関係する法律の全体像をつかんでおきましょう。その後に学ぶ細かな知識も、頭に入りやすくなります。

基礎講座テキスト
基礎講座メディア
基礎固めが合格への近道!「基礎編」

講師の丁寧な解説で、しっかり基礎を学べます。社労士試験では応用問題が出題されることもありますが、応用問題を解くために大切なのは、やはり基礎。基礎を固めることが、合格につながります。

受講生の声

米田絢子さん

入門講座のテキストがとても役に立ちました。年金や保険制度の基本的な仕組みが丁寧に解説されていて、とてもわかりやすかったです。
会社では総務を担当しているのですが、仕事上のちょっとした疑問も、このテキストで解決できました。

過去問講座

過去問講座問題集
過去問講座メディア
得点力を養成!「過去問演習編」

合格するためには、基礎知識の学習に加えて、問題演習が不可欠。過去問を解くことで、学んだ知識を引き出す練習ができるため、「得点力」を養うことができます。

合格必勝編
集中学習で学力を伸ばす「合格必勝編」

本試験直前期にやるべきことをまとめています。直前期をどのように過ごすかによって合否が変わります。万全の状態で、試験にのぞみましょう!

模擬試験
最後の実力アップ!「模擬試験」

本試験と同様に、時間を計って、模擬試験にチャレンジしてください。本試験と同じ形式の問題に触れることで、本番で実力を発揮できます。時間配分の練習をしておくことも大切です。

受講生の声

鈴木晋太郎さん

もともと興味を持っていた分野だったこともあり、全体的には楽しく勉強できました。何より、講義がわかりやすかったです。

ただ、本試験の1ヵ月ほど前に模試をやってみたところ、結果はボロボロ…。くじけそうになりましたが、必死に模試で間違えた科目を復習し、なんとかギリギリで合格をつかむことができました。

直前対策講座

弱点を強化し得点力をアップする、5編の直前対策講座。
最後に、不安のある分野の対策を徹底することで、ぐんと合格に近づきます。

受講生の声

平田有紀子さん

「年金総まとめ編」は、国民年金・厚生年金の違いがまとめられていて、混乱していた知識をスッキリ整理することができました。

年金科目にやや苦手意識があったのですが、試験ではある程度自信を持ってのぞめました。
まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ