社会保険労務士の試験はどのような内容?

サクセスストーリー

社会保険労務士の試験はどのような内容?

社会保険労務士の試験科目は?合格に必要な勉強時間は?
学習対策のイメージをつくるために試験情報をチェックしよう!

試験を受けるには受験資格が必要ですか?

社会保険労務士は誰でも受験できるわけではありません。

以下は、代表的な受験資格です。
これ以外にも必要事項がありますので、必ずご自分で試験機関のウェブサイトをご確認ください。

■学歴によるもの

  • 4年制大学で一般教養科目の学習が終わった方(在学中も方も含む)
  • 大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した方
  • 短期大学又は高等専門学校を卒業した方
  • 就業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が
    1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した方

■資格によるもの

  • 司法試験予備試験に合格した方
  • 行政書士となる資格を有している方

※最終学歴が高卒の方の場合、現実的に一番多いのは、先に行政書士試験合格を目指すという方法です。行政書士試験は受験資格がなく、誰でも受験が可能です。

社会保険労務士の試験科目は?

試験科目は大きく分けると「労働保険」と「社会保険」の
2つのジャンル。全8科目から出題されます。

2つのジャンルのそれぞれの科目は、お互いに関連性が強いです。そのため効率的な学習の順番などもあります。

フォーサイトでは、このような社会保険労務士試験独特の対策も踏まえ、受講生にやさしい教材づくりをしています。

なお試験は1問1点の配点で、選択式で40点、択一式で70点の合計110点満点です。各科目とも最低必要な得点が定められていますので、まんべんなく勉強する必要があります。

フォーサイトの優れた教材を使って、根気強く頑張ってください!

会社勤めをしています。働きながら独学でも合格できますか?

仕事を続けながら合格することは十分可能です。
しかし、独学はあまりお薦めできません。

イメージ

社会保険労務士試験の合格者は、社会人が60%近くを占めています。多くの先輩たちが働きながら勉強して合格している事実は心強いですね。

しかし、仕事と試験勉強の両立では学習に充てる時間も制限されます。社会人が捻出できる学習時間は常識的にみて一日2~3時間が限界でしょう。合格までより多くの学習時間を必要とする独学は、あまりお薦めできません。

なお試験は1問1点の配点で、選択式で40点、択一式で70点の合計110点満点です。各科目とも最低必要な得点が定められていますので、まんべんなく勉強する必要があります。

通信講座や予備校では、より少ない学習時間で合格を目指せるよう教材やカリキュラムを工夫しています。仕事が忙しい社会人のみなさんにこそ、「時間を買う」という発想を大切にしてほしいと思います。

法律を勉強したことがないのですが大丈夫ですか?

法律初学者の方も多数合格されているので全く問題ありません。
社会保険労務士の試験で学ぶ法律は、法学部で学ぶ法律とは違います。

法学部卒の方が学んできた法律とは、憲法、民法、商法などです。一方、社会保険労務士試験の法律科目は、労働基準法や労働社災害補償保険法、また健康保険法や国民年金保険法など、労働と保険に特化した法律が中心です。

社会保険労務士の試験を目指す前に、これらの法律のみを集中して勉強したという人は、ほとんどいないはずです。つまり試験勉強を始める時点では、ほぼ全ての人が同じスタートラインに立っています。

フォーサイトの受講生にも、法学部出身以外の合格者はたくさんいますのでご安心ください!

合格するにはどれくらい勉強時間が必要?

独学では800~1,000時間が合格の目安といわれています。
フォーサイトのカリキュラムは、最低500時間以上の学習で合格を目指しています。

独学で合格を目指す学習時間の目安は、司法書士で約3,000時間以上、税理士約2,000時間、宅建資格で300~400時間と言われています。

合格まで800~1,000時間を要する(独学)とは言っても、社会保険労務士の試験勉強は想像を絶するほど大変なものではありません。合格まで、決して3年も5年もかかる試験ではないのです。

フォーサイトのカリキュラムでは、最低500時間以上の学習を合格の目安にしています。1年間の短期集中で合格を目指しましょう。

いつから勉強を始めたらいいですか?

勉強開始は前年の9月がお薦め!
1年間の学習期間を確保しましょう。

イメージ

試験勉強の最大の敵は焦りや不安です。フォーサイトが推奨する最低500時間以上の学習にしても、その時間の多くを落ち着いて内容濃く使えるか、焦る気持ちでエネルギーを浪費してしまうかで、学習効果はまる変わってきます。

社会保険労務士の試験は毎年8月の第4週に行われます。できれば前年の9月に勉強を始めてください。まるまる1年間の学習期間を確保すると、「弱点にシフトした学習や「問題集の繰り返し」など、学習プランの軌道修正も落ち着いてできます。

また1年を学習期間に充てれば、800時間程度の学習時間も、余裕を持って確保できるでしょう。

ページのトップへ