NHKに取材された会社というのも、信用につながりました!

社会保険労務士・社労士通信講座合格者と講師の対談

人物

NHKに取材された会社というのも、信用につながりました!

社会保険労務士 バリューDVDコース(基礎、過去問)
40代 

水野さんの主な仕事は、中小企業をターゲットにした経営コンサルティング。転職を重ねキャリアアップしてきた水野さんは、将来の独立を視野に、国家資格を取得しようと決意しました。「思い立ったが吉日」とばかりに独学で勉強をスタート。フォーサイトに出会ってからは5ヶ月というスピードで、合格を勝ち取りました。

なぜ社会保険労務士の資格を目指したのですか?

これからは資格が武器になると確信。社労士を選んだのは、合格が現実的に思えたから。

私は現在の会社に勤務するまで、何度か転職を繰り返してきました。日本の景気は相変わらず厳しいままですし、年齢的なことを考え、この先ステップアップについて悩みました。

そして、「これから資格は武器になる」と思うようになりました。さまざまな資格がある中で、社会保険労務士を選んだのは、今の仕事の顧客層が経営者中心だからです。中小企業向けのコンサルティング、企業の支援活動を行っていますので、人事や労務についての話も当然出てきます。そういうわけで、他の士業より、手が届きやすく試験合格が現実的に思えたのが大きな理由ですね。

通信教育を、その中でもフォーサイトを選んだ理由は?

価格のお手頃感と合格率の高さに注目。マスコミに取材された会社ということもポイントのひとつ。

当初は独学スタイルで参考書を購入し、勉強を始めました。でも、全く頭に入りませんでしたね。

そこで、「通信教育も見てみよう」とネットで探し始めました。多くの業者の中からフォーサイトを選んだ理由は、まず価格ですね。それと、合格率の高さにも目が引かれました。ホームページには「短期間で合格した人もいる」と。また、過去にはNHKに取材された会社というのも、信用につながりましたね。

フルカラーテキストや講義DVDなど、実際にどのように使われましたか?

DVDは夜に視聴し、翌日テキストで復習。DVDとテキストで基礎学力を身に付けました。

とにかく短期間での合格を目指しました。

前半はDVDとテキストで基礎学力をしっかり身に付けました。夜は家でDVD学習、翌日に電車や喫茶店でテキストを読んで復習するというスタイル。夜はどうしても眠くなりますが、とにかくDVDを見てから寝るように習慣づけました。睡眠前に見たものは記憶に残るという話を聞いたので、その効果に期待して決めたやり方です。

後半は過去問による演習が中心でしたが、あやふやなところは必ずテキストに戻って確認しました。

一番よく活用した教材は?

合格手帳に勉強時間を記録。細切れ時間が累積し、600時間! 努力が目に見え、自信がつきました。

よく使ったのは『合格手帳』ですね。「今月中にこれをやる」といったスケジュール感で、あまり綿密には組みませんでした。独学のときは何となく不安でしたが、合格手帳に記録することで、自分の進み具合をチェックできるようになりました。外出先でも、少し時間が空くとカフェで勉強したりして、要所要所で遅れを取り戻すように心掛けました。

勉強時間を記録すると、細切れの時間も徐々に累積。最終的には600時間になりました。実際に数字で見えると、自信に繋がります。

何度も読み返したのは、『戦略立案編』。勉強に行き詰まったとき、悩んだときは、必ず読み返しました。「絶対合格」の標語も貼って、自分を鼓舞。テキストなどの教材だけでなく、こうした合格グッズが、モチベーションを保つのに役立ったと思います。

自分なりに工夫した「勉強テク」おしえてください!

短期間に過去問を4回転。苦手な部分は切り捨て、とりこぼしのないよう専念。

私の職場では、ほぼ残業がありません。平日の場合、帰宅する前に地元のカフェへ入り、約3時間勉強しました。休日は1日平均10時間を目標に。朝、昼、夜と区切って、2〜4時間勉強しました。

過去問は、多いものは4回以上解きましたね。1回目は机で解き、2回目以降は電車で。特に、間違えた問題を繰り返し解きました。短期間に何度も反復したことで、頭に定着しました。

その割に、模擬試験の結果が酷かった。2回チャレンジして、2回ともD判定。「ちょっと問題が難しすぎるのではないか」と思いました。でも、これがフォーサイトの言う「満点でなく合格ラインに達すればよい」ということなんだと考えて、プレッシャーに思わないようにしました。直前期には敢えて、苦手な分野は切り捨てました。過去問も7割くらいに絞って繰り返し。出来ている部分は、とりこぼしがないよう心がけました。

これから社会保険労務士試験を目指す皆さんに、アドバイスをお願いします。

まずは基本をマスター。ときには「割り切る」潔さも大事。

試験勉強をしていた時期は、ロンドンオリンピックの最中でしたので、スポーツ好きの私には、試合を見られないのが辛かったですね。ニュースで結果を知るだけにとどめました。

何かを成し遂げるために、犠牲は必要ですし、こんな思いは二度としたくないからこそ、絶対に1回で受かろうと思いました。

まず、基本問題にしっかり取り組んでください。勉強時間がとれなかったり、問題が解けなかったりすることもあるかもしれません。時には、「割り切る」ことも大事だと思います。意志あるところに道は開けます。

私はこれから先、労働分野に特化し『労働者の知恵袋』的な専門家を目指します。一緒に頑張りましょう!

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ