家事・育児・仕事の合間を縫って勉強し、見事合格!

社会保険労務士・社労士通信講座合格者と講師の対談

このページの動画はFlashで制作されています。iPhoneでは再生することができません。また、パソコンで古いバージョンのAdobe Flash Playerをお使いの方は、Adobe Flash Player を最新バージョンにアップデートしてお試しください。

Adobe Flash Player を取得

人物

家事・育児・仕事の合間を縫って勉強し、見事合格!

社会保険労務士 バリュー2 DVDコース
30代 

鄭さんは、現在(2013年1月)1歳の娘さんを持つ会社員。社会保険労務士の試験を受けようと思い立ったのは、娘さんがまだ生後7か月だった時期。産後育児休暇で短時間勤務とはいえ、仕事に家事に育児に、とフル回転の毎日。その中から勉強時間をひねり出して、見事合格! 以前から憧れていた「士業」の仲間入りを果たしました。「もう1人子どもがほしい」という鄭さんは、将来の人生設計も考えて、資格試験にチャレンジしたそうです。

なぜ社会保険労務士の資格を目指したのですか?

子どもがいても続けられる、自由度の高い仕事を目指したい! 後輩の社会保険労務士試験合格を機に、士業にチャレンジする 意欲が湧きました。

今の会社でしているのは、総務の仕事。簿記2級は持っているのですが、「ワンランク上の資格を目指したい」と日頃から思っていました。

私は法学部出身ということもあり、弁護士や司法書士、行政書士などの資格を持った友人が周りに多くいます。士業に対して憧れや興味がありましたが、「そういう資格試験は難しい。自分にはとても無理」、そう諦めていました。

結婚して子どもを産み、育児休暇を取得。その後、自宅勤務にしたことで、家にいる時間が増え、以前よりも多くのことを考える時間が出来ました。

社会から少しづつ取り残されていくような不安を覚え、「何か肩書きを持っていたら安心できるのではないか」、「子どもはもう一人ほしいので、生活パターンの変化に合わせて働ける、自由度の高い仕事に就きたい」と思うようになりました。

そんな時、以前勤務していた会社の後輩から、「社会保険労務士試験に合格しました」という知らせを受けたんです。それまで高嶺の花だった士業がぐっと近づいた気がしましたね。「もしかしたら自分も受かるかも!」と(笑)。

通信教育を、その中でもフォーサイトを選んだ理由は?

育児最優先につき、選択肢は独学か通信の二つに一つ。お気に入りの入門書の著者がフォーサイトの講師と知り、即決しました。

一念発起したとき、娘はまだ生後7か月。通学は考えられませんでした。独学も考えましたが、まず自分に適切な教材を探し出せるのかどうか不安だったので、通信教育を選びました。いくつか資料請求した中に、フォーサイトも入っていました。

たまたま同時期に、書店で資格参考書のコーナーを見てまわっていたところ、加藤光大先生の入門書を見つけました。ビックリするほど、すごくわかりやすく書かれていました!その後、フォーサイトのHPに加藤先生の動画を発見!資料が届くよりも前に申し込んでしまいました(笑)。

フルカラーテキストや講義DVDなど、実際に教材を使ってみた感想は?

ベーシックなテキストは、十分かつ無理なく学習できる分量。程よい余白のあるテキストに先生のコメントを書き込みました。

本音を言ってしまうと、他と比べて価格が安いので、どういう教材が届くのか、ちょっと不安でした。でも、届いた教材はボリューム十分。信頼度がアップしました。

他社の教材や市販の参考書と比べてみると、とっても薄く、持ち歩くのにも便利。薄いけれど、内容に過不足はありませんでした。私にはピッタリの量。学習時間がそんなに多く取れなかったので、もっと分量が多かったらくじけていたかもしれませんね。

質問は一度もしたことがありません。先生が講義の中で、「わからないところがあっても、あまり深みにはまらないように。さらっと進んだほうがいいですよ」と仰っていましたが、ナイスアドバイス!確かに疑問が湧いても、実力がついてくると、その疑問がふうっと解けることがよくありました。結果的に、質問システムは一度も使わなかったのですが、今考えると、ちょっともったいなかった気がします(笑)。

あなたが一番よく活用した教材は?

夫がため息つくほど、DVDを視聴しまくり(笑)。『道場破り®』を使って問題を解くスピード感を養いました。

とにかくひたすらDVDを視聴しました。夫が「この(講師の先生の)顔、見飽きたヨ」とため息つくほど(笑)。子どもと一緒にいるときも、家事のときも、常にDVDをかけていました。移動の際には、単語帳も活用しました。

DVDとテキストで基本をおさえた後は実際に問題を解いて、勘どころを養いましたね。あえてノートは作らず、DVDで先生がおっしゃったポイントなども、全部テキストに書き込みました。

『道場破り®』は、勉強を始めた頃、すごくお世話になりました。ペース配分がわかる仕組みになっているので、そのペースがつかめるまではよく使いました。

直前期は『横断まとめ編』や『年金総まとめ編』で力をつけました。この頃に受けた模試の偏差値が真ん中くらいで、ものすごく焦りました。その後、『横断まとめ編』や『年金総まとめ編』が来て、不安解消。あやふやな点を総まとめでしっかり固めて、ぐっと力がつきました。

自分なりに工夫した「勉強テク」おしえてください!

「満点」ではなく「合格ライン」を目標に。完璧でなくてもほどほどに理解しつつ、反復・復習でカバー。

とにかく反復・復習に明け暮れました。テキスト、DVD、そして過去問。 過去問は最低でも3、4回はやりました。過去問で間違えた箇所は、テキストに戻って復習。その繰り返しです。過去問をたくさんやることで、出題者の意図を考えるようになりました。

チェックテスト、確認テストも、やはり1回でクリアしようとは思わず、反復しました。繰り返すうちに出来るようになる。はじめから完璧な解答を狙わず復習を繰り返し、カバーしようと。

「完璧な満点を目指すのではなく合格ラインを狙う」というフォーサイトの考え方が、私にぴったりだったと思います。一般的には、「社会保険労務士試験に合格するためには1000時間必要」といわれますが、私にはそんな時間をかける余裕はありませんでした。最初、700時間を目標にした計画を立てました。今、『合格手帳』を開くと、最終的には600時間の計画に落ち着いたことがわかります。

5月に娘が1才になったのですが、それまでの勉強時間は1日2時間程度。その頃から徐々に勉強時間を増やしていき、8月になると1日7〜8時間くらい。模試には3回行きましたね。1回目は全然時間が足りず、2回目もギリギリ。3回目でようやく時間に余裕を持って解くことができました。

初めての試験ということで、本番の雰囲気がよくわからなかった私は、会場の雰囲気に慣れるという意味でも、模試には行ってよかったと思います。

これから社会保険労務士試験を目指す皆さんに、アドバイスをお願いします。

自分の実力を信じ、自分の選んだ教材を信じ、合格に向け努力を続けていけば、不可能はないと思います。

一番大切なのは、自分を信じることだと思います。自分の実力を信じる。私の場合、模試の結果があまり良くなかったので、最後まで自信が持てなかったんです。

でも、気づかないうちに実力はついていたんですね。それがわかっていれば、もっと気持ちが楽だったのではないかと思います。でも、もしわかっていたら、油断してしまったかも(笑)?

自分と、自分が選んだ教材や勉強法を信じることが大切です。途中で、悩んだり迷ったりしてしまうと、モチベーションが下がります。もちろん、ただ信じるだけではなく、合格に向けて努力が不可欠です。私は「今は受験生なんだ」と自分に言い聞かせてがんばりました。

家事も育児も時間をかけたいけれど、この7カ月だけはがんばろう、と。だからこそ、1回で受かりたいと思ったし、実現したんだと思います。

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!