フルカラーテキストは「感動」でした!

社会保険労務士・社労士通信講座合格者と講師の対談

人物

フルカラーテキストは「感動」でした!

社会保険労務士 DVDコース(基礎+過去問講座)
30代 

自動車部品メーカーにお勤めの山下さんは、2009年のリーマンショックで初めて休業を経験し、その時から漠然と「手に職を」と考えるように。その後、部署移動により人員管理を任されるようになったことで労務管理の必要性を痛感。“人事・総務のスペシャリスト”になるべく、社会保険労務士資格取得を目指すようになりました。

通信教育を、そしてフォーサイトを選んだ理由は?

クチコミの良さ、そして通信専門校というのが決め手でした

通勤時間が長いので通学講義の受講は難しく、かといって社労士試験の膨大な試験範囲を学ぶには独学は無理だなと感じていました。

通信教育なら都合の良い時間に勉強できるので、「これならば」と思えたんですよね。さっそくインターネットで調べてみると、クチコミや比較サイトでの評判が群を抜いて良かったのがフォーサイトだったんです。

HPでサンプル講義を見て、加藤先生の優しそうな雰囲気や分かりやすい話し口調に惹かれましたね。また、専用のスタジオで収録されている点もポイントでした。

フォーサイトのフルカラーテキストで学習した感想は?

威圧感がなく、楽しく勉強できそうなのが良いですね

初めてページを開いた瞬間、とにかく感動しました。フルカラーの明るいページ展開、しかも図表入りで分かりやすく、余白スペースも十分。テキストが少ないボリュームにまとめられていたのも良かったです。

他社のテキストはほとんど“白黒”“分厚い”“文字ぎっしり”で威圧感があり、イヤだったんですよね。フォーサイトなら楽しく勉強できそうだな、と思えました。

理解しにくいテーマや忘れがちな箇所はスマートフォンで写真に撮り、頻繁に見るように工夫しました。

講義DVDで学習した感想は?

ポイント重視の解説が分かりやすいです

加藤先生の声のテンポがちょうど良く、とても聴きやすかったです。テキストに載っていることをただ読むのではなく、要点だけをピックアップして解説されていたのも良かったですね。

DVDは普通に受講する他、通勤時にも音声は努めて聴いていました。片道1時間の通勤時間も、無駄にすることなく勉強に充てることが出来たと思います。

フォーサイトの問題集で学習した感想は?

限られた時間の中で、自分なりに工夫して取り組めました

正直あまり時間に余裕がなかったので、問題集は6月末からのやっと手を付けた感じでした。
実際に解いてみて解説を確認、解説講義はあえて一週間後に視聴することで、ちょうど忘れたタイミングで思い出せるようにしていました。
あとは直前対策でいただいた予想問題集は、うろ覚えの箇所が発見できてとても役立ちました。

フォーサイトの教材で、他に良かったものは?

「道場破り®」や予想問題集は、特に重宝しました

先ほども触れましたが、直前予想問題集では、過去問演習とはまた違った視点からの出題に備えることが出来、良かったと思います。

また、「道場破り®」はちょっとした時間にチャレンジできたので良かったですね。確認テストをよく解いていたのですが、問題集同様、1度解いて翌週にまた確認することで知識がしっかり定着しました。

どの教材も反復することによって、実力につながっていったと思います。

質問応対サービスに関しては、あまり活用せずに済みましたね。分からないこともテキストを探せばちゃんと解答があったので。
自分で調べる方が、記憶に残るので良いのではないかなと思いました。

仕事と勉強の両立、ポイントは?

スキマ時間の活用は必須です

通勤時間、ランチタイムなど、日常のちょっとした時間はすべて勉強に充てる努力をしましょう私の場合、平日は「スキマ時間+自宅で2時間ほどの学習」と計4時間半〜5時間は確保するようにしていました。

ただし、睡眠はあまり削るべきではありません。私自身、仕事と勉強に夢中になるあまり3時間ほどしか寝ない日々が続いたところ、体調を崩しましたから。家族にかなり心配をかけてしまいましたので、そういうやり方はあまりオススメできませんね。

最後に、これから社会保険労務士試験に挑戦される皆さんにアドバイスをお願いします。

自分、そしてフォーサイトの教材を信じて頑張りましょう!

社会人の資格受験は、時間との戦いだと思います。私の場合、張り切りすぎて身体を壊す一歩手前まで頑張ってしまったのであまり真似してほしくはないのですが・・・。

それでも日々、ある程度は勉強時間を確保できるようにすることが大切だと思います。スキマ時間を活用するなど、ない時間の中でも工夫して取り組むことです。

また、直前期には本試験を意識した学習も必要です。私は、試験時間の3時間半をワンセットとして、その時間内になるべく複数科目に取り組むようにするなど工夫していたのが良かったと思います。模試の成績が悪くても、気にしてはいけません。

自分、そしてフォーサイトの教材を信じて頑張りましょう!

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ