フォーサイトの教材は、自分の勉強の仕方によく合っていました

社会保険労務士・社労士通信講座合格者と講師の対談

人物

フォーサイトの教材は、自分の勉強の仕方によく合っていました

社会保険労務士 DVDコース(基礎+過去問+直前対策)
30代 

年金関係の団体でお仕事をしている關さん。ご自身のスキルアップにもなり、お仕事にも役立つので、社労士資格の取得を決心されました。テキストを繰り返し読み込み、書き込むことで、テキストと知識を仕上げていく勉強方法で合格されました。

資格にチャレンジしたきっかけは?

スキルアップができ、現在の仕事にも活かせるので、取得を決めました

何かと不確実・不安定な時代ですから、武器になるようなスキルを身につけておいた方が良いなということは以前から頭にありました。

それで、何か専門的な資格を探していたのですが、その中で目に留まったのが社労士でした。社労士なら、今の仕事にも知識が役立つということもありますし、その裏返しとして、ある程度は前知識があるので、勉強する上で多少なりとも有利だということもありました。

あとは調べてみましたら、士業というといわゆる独立開業のイメージがありますけども、社労士の場合は勤務型という、勤めながら資格を活かす方法もあるということがわかりまして、ちょうど良いと思ったのがきっかけです。

フォーサイトの教材の感想は?

テキストに書き込んで勉強する、私の方法に合っていたので選びました

テキストが非常に使いやすかったです。各社のサンプル取り寄せて比較してみたのですが、それらの中で最もテキストのつくり方が自分に合っていると思ったのがフォーサイトでした。

私は、勉強を進める上であらためてノートは作らずに、テキストに書き込んでいくので、文字がびっしりでスペースがないテキストは合わないのです。フォーサイトのテキストは十分に余白がありますし、ところどころノートとして使えるページも用意されていたので、相性が良かったです。

また、完璧に満点を目指そうとしたら、どれだけ時間があっても足りないというのが、膨大な試験範囲の試験の常です。試験がどういうものか調べ上げた上で、合格するにはどうすれば良いかということに特化されているのも、私の考え方に合っていました。

勉強時間のつくり方は?

できる限り長い時間勉強にあてられるよう工夫しました。

平日は通勤の電車の中と、帰ってから寝るまでの時間でした。休日は食事や家事など生活に必要な時間以外は勉強につぎ込みました。時間は人に与えてもらえるものでもありませんから、自分で工夫して作るしかないものです。私の場合は最寄駅が始発駅なので、毎日出勤するときは座って勉強できたのは助かりました。

電車では徹底的にテキストを読み込みました。講義は家に帰ってから寝るまで、落ち着いて座って勉強できる時間に見ました。そして翌朝、繰り返さないと頭に入りませんので、講義で先生がどういう点を重視して説明していたかを思い出しながら、また電車でテキストを読み込みました。

資格を取得して良かったことはありますか?

本業の仕事に、勉強して得られた知識が役立っています。

実際の年金の仕事の実務でも、勉強したことによって、これまでは漠然としていた部分の知識がきちんと整理されたという点で役立っています。仕事とはいえ、明確には分かっていなかった部分も多々あったのですが、勉強することで、これはこういうことだったのかというのが逐一分かったり、先輩や上司の会話に含まれている専門知識が理解できたり、何かと役立っています。

資格自体で言うと、今すぐにどういう形で活かせるか分かりませんけども、1つ大きな目標をクリアしたので、本業にしっかり専念しつつ、またじっくり考えてみたいと思います。

これから受講される方にメッセージをお願いします。

自分に合った、自分が信じた方法で、こつこつ頑張ってください。

今回の社労士試験は、蓋を開けてみると合格率が史上最低という、意外な結果ではあったのですが、試験としては特に何か特別だという印象はありませんでした。

何事も、こつこつ真面目に努力を積み重ねた人が最終的には笑うということが鉄則だと思いますし、実際に、何も特別でない私が合格できたのがその証拠だと思います。皆さんも、自分の信じた方法で、結果は後からついてくると信じて、頑張ってください。

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ