受験生サポートブログ

知識記憶を方法記憶に変えれば、暗記したことは忘れない

知識記憶を方法記憶に変えて暗記したことを忘れない方法

 映画やドラマなどに出てくる記憶喪失の人が、どんなに自分の名前や過去の記憶を忘れたとしても、お箸の使い方や洋服の着方、あるいは文字の書き方などを忘れないことを不思議に思ったことはないでしょうか?

 実は、記憶にはいくつかの種類があります。自転車の乗り方や食事の仕方などのような、身体で覚える記憶は「方法記憶」といって、なかなか忘れない記憶になります。
 一方、教室の座学で学んだようなことは「知識記憶」といって、すぐに忘れられがちです。

 中学や高校の膨大な授業で聴いたことで、あなたがそのまま覚えていることはどれだけあるでしょうか?
 おそらく、ほとんどないと思います。
 たしかに、英語の文法や連立方程式の解き方くらいは覚えているかもしれませんが、それは授業で聴いたときに覚えたわけではなく、その後の問題演習やテストを通じて覚えたものです。
 ただ、モノを読んだり聞いたりするだけでは、人はなかなかその内容を記憶にとどめておくことはできません。

 しかし、いみじくもたったいま述べたように「知識記憶」も、問題を解いたり、暗唱をしたり、書き取りをしたりなど、手や口を動かすことで「方法記憶」に変えていくことができます。
 記憶喪失の人が文字の書き方を忘れないのは、それまでに膨大な量の文字を、実際に自分の手を動かして書いてきたからです。九九を忘れないのは、人生の一時期に必死で暗唱して、身体で覚え込んだ経験があるからです。
 これを試験勉強にも応用してみるならば、次のようになります。

 まず、覚えたいことは何度も繰り返しノートに書きましょう。書けば書くほど記憶への定着率が高まります。
 また、書くことと同様に、声に出して読み上げるのも意味があります。
 書き取りと読み上げを毎日、起きた後と寝る前の日課にしてしまえば、それほどの負担を感じずに続けることができるでしょう。

 私の知る受験生の一人は、テキストをすべてノートに写して丸暗記することで、見事に資格試験に合格しました。ぜんぶを覚えるまでに2~3回の筆写を行ったそうです。丸写しは、手間がかかるのであえておすすめはしませんが、人によっては苦にならない暗記方法かもしれません。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

勉強時間を詰め込みすぎるをかえって勉強の効率が落ちる
学習計画は月単位で大まかに、修正しながら勉強する

 ゴール(試験日)が設定できたら、まずはそこまでに何カ月残っているかを計算してく …

本、映像、音声、多くの感覚を使って記憶しよう
さまざまな感覚を使って勉強し、記憶力を高めよう

 一説によれば、人間は情報の取得の8割を視覚によって行っているそうです。それくら …

試験では問題を時間内に解くのも実力のうち
資格試験に合格するために試験時間を意識した勉強法を

 本番の試験が終わった後で、次のように言って悔しがる人がいます。 「時間がなくて …

ゲーミフィケーションを取り入れて勉強を楽しく続けよう
学習記録をつけて、自分の成長を実感しよう

 一日ごと、一週間ごとに細かく目標(ゴール)をつくって達成していくゲーミフィケー …

具体的な学習計画をつくれば勉強時間のつくり方も分かる
具体的な学習計画が合格までの道のりの8割

 勉強しようと思っても、なかなか勉強ができない人の多くは、「やる気」を出して「完 …

暗記を効率することが資格試験の一番の勉強法
資格試験合格の鍵は勉強時間と暗記の勉強法

 資格試験の勉強において、最も大切なことは、膨大な量の知識を正確に覚えることです …