受験生サポートブログ

さまざまな感覚を使って勉強し、記憶力を高めよう

本、映像、音声、多くの感覚を使って記憶しよう

 一説によれば、人間は情報の取得の8割を視覚によって行っているそうです。それくらい、人間の目は発達した便利な器官ということになるのでしょう。
 しかし、視覚が便利であることと、視覚の利用が効果的であることとは別問題です。

 テキサス大学のヴァーノン・マグネセン博士は、学習記憶の定着率を調べて、ただ本を読んだときでは、学習したことの10%しか記憶に定着しないけれども、人から同じ内容を聴いたときには20%が記憶に残り、その内容を実際に見たときには30%が記憶に残ると発表しました。
 この調査結果から、読書は情報の取得方法としては便利なものですが、便利すぎるがために、記憶に刻み込むにはあまり効率がよくないことがわかります。視覚だけを通して入ってきた抽象情報は、情報量が多すぎるために、無意識に取捨選択されてしまうのです。
 つまり、読書よりも、耳で聞いて覚えたこと、あるいは生の情報を目でみたことの方が、後々まで覚えておけるのです。

 マグネセン博士の調査結果には、まだ続きがあります。
 ただ、生の情報を見るだけでなく、同時に解説も聞いた場合、つまり、見ることと聞くこととを同時に行った場合には、その内容の50%を覚えておけることがわかりました。
 これを資格試験の勉強に応用すると、次のことが言えます。
 勉強は、文字テキストだけに頼るのではなく、CDなどの音声テキスト、DVDなどの映像テキストも併用して駆使したほうが、効率よく記憶ができます。
 特に映像テキストは、見ることと聞くこととを同時に行うことができるので、最も頭に入りやすい情報媒体だと言えるでしょう。
 ITが進歩して、どこでも映像が簡単に見られるようになった現在、映像テキストを利用しないのはもったいないと言えるでしょう。

 マグネセン博士の調査結果には、まだまだ続きがあります。
 これらの学習した情報を、忘れないうちに他人に話して聞かせたときには、なんとその内容の70%を覚えていられるそうです。これはアウトプットの効果として、繰り返し述べてきたとおりです。
 さらに、話すだけでなく、その内容を実際に自分の身体で行動して確かめてみたときには、その90%が記憶として定着したそうです。これは「知識記憶」を「方法記憶、「経験記憶」とすることで、定着率が上がると説明したこととつながります。

 記憶力を高めるためには、まずインプットの時点で、テキストを読むばかりでなく、視聴覚教材を利用することが大切です。
 このインプットよりも重要なのがアウトプットです。
ノートに書いたり、他人に話したり、問題を解いたりのアウトプットを繰り返していくなかで、あなたの学習した知識は、確実に記憶として定着していくことでしょう。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

意味を理解した方が暗記は簡単になる
意味を理解する勉強法は丸暗記よりも強い

 試験勉強で記憶をするのであれば、意味もわからず闇雲に丸暗記をするよりも、きちん …

合格するための、やる気、勉強時間、勉強法を身につける
資格試験に合格するには「ヤル気」「勉強時間」「勉強法」

 勉強のできる人のなかには「そんなに資格を取りたいわけでもないけれども、一応なに …

勉強に関係のあるものだけを身の回りに置けば勉強しかできなくなります
勉強の邪魔になるものを排除して集中してみよう

 勉強をしなければならないことはわかっているのに、何となくさぼってしまう人は多い …

失敗を想像してモチベーションを上げる方法
資格試験に落ちるのをイメージしてモチベーションを上げよう

 資格取得で得られるバラ色の生活をイメージすることは、いわば自分に対するご褒美で …

知識記憶を方法記憶に変えて暗記したことを忘れない方法
知識記憶を方法記憶に変えれば、暗記したことは忘れない

 映画やドラマなどに出てくる記憶喪失の人が、どんなに自分の名前や過去の記憶を忘れ …

インプットとアウトプットを繰り返す勉強法が暗記を促す
インプットとアウトプットの繰り返しが記憶を定着させる

 試験勉強とは、簡単に言えば、「理解」と「記憶」です。  こう書けば簡単そうに見 …