受験生サポートブログ

問題を解いた方が復習が面白くなる

復習では問題演習をすべき理由

「復習」の大事さをわかってはいても、復習をおざなりにしてしまう人は多いものです。
 理由の一つは「焦り」です。
 学習を開始したばかりでやる気のあるときは、これから勉強しなければならない範囲が膨大にあるので、どんどん先に進みたいと感じるものです。
 復習に時間をかけていると、なかなか学習が先に進まないので、焦る気持ちが出てきます。そのため、どうしても「復習」にかける時間が短くなってしまうのです。

 もう一つの理由は「つまらない」からです。
 まだ知らないことを学ぶことと、すでに学習したことのおさらいとを比べると、どうしても前者の方が面白そうに感じてしまいます。
 ですから、好奇心が強くて前向きな人ほど、「復習」をおろそかにしがちです。

 たしかに、同じテキストを再三読み返すのは、眠くなる行為です。
 しかし、「復習」とは、何も同じことを繰り返すだけではありません。学習内容が同じでも、やっていることが違えば、学習自体はいくらでも面白くすることができます。

 私のおすすめは「問題演習」です。

 「問題演習」とは、テキストを読んで新しい学習をした後に、その範囲の問題を解くことであり、格好の復習になります。
 最初のうちは、なかなか正答できませんが、「試験」ではなく「復習」なので、間違えても気にしないことが大切です。

 記憶とは、単なる繰り返しよりも、問題演習を通じての「失敗」と「やり直し」によって、より強化されます。間違えれば間違えるほど、記憶はより正しく強くなっていきます。
 問題演習による反復学習は、記憶のメカニズムに合致した、最も効率のよい「復習」になります。
 また、その問題が、試験の過去問であれば、試験対策にもなります。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

資格がなければできない仕事がある? 業務独占資格の秘密とは
資格がなければ就職できない職業がある?

 世の中には「資格」がないと、絶対につけない仕事もあります。弁護士、公認会計士、 …

具体的な学習計画をつくれば勉強時間のつくり方も分かる
具体的な学習計画が合格までの道のりの8割

 勉強しようと思っても、なかなか勉強ができない人の多くは、「やる気」を出して「完 …

勉強時間を詰め込みすぎるをかえって勉強の効率が落ちる
学習計画は月単位で大まかに、修正しながら勉強する

 ゴール(試験日)が設定できたら、まずはそこまでに何カ月残っているかを計算してく …

知識記憶を方法記憶に変えて暗記したことを忘れない方法
知識記憶を方法記憶に変えれば、暗記したことは忘れない

 映画やドラマなどに出てくる記憶喪失の人が、どんなに自分の名前や過去の記憶を忘れ …

勉強するためのやる気を出す方法を見つける
資格を取得した自分をイメージしてモチベーションを上げよう

 「やる気」がなかなか出てこないという人は、本気で資格取得したいと思ってないこと …

脳に記憶を定着させるためには、繰り返しの復習が必要
復習しなければ、脳に記憶は定着しない

 人間の脳は素晴らしい力を持っています。  たとえば、いま、あなたが以下の住所を …