受験生サポートブログ

資格試験に合格するために試験時間を意識した勉強法を

試験では問題を時間内に解くのも実力のうち

 本番の試験が終わった後で、次のように言って悔しがる人がいます。
「時間がなくて全部できなかった。もっと時間があれば満点だって狙えたのに……」
 気持ちはよくわかりますが、やはりそれは言い訳です。
 というのも、そもそも試験時間は短めに設定されているものであり、試験内容には「短時間で正確に問題に答える」ことも含まれているからです。
 もし、短時間で解く訓練をしてこなかったのだとしたら、それは試験対策が十分でなかったことを意味します。

 同様に「こんな試験で資格に相応しい人間を選ぶことができるのか」という疑問も、負け惜しみのように聞こえるので言わない方がよいと思います。
 たしかに、資格試験に合格したとしても、あまり業務に向いてない人は存在するでしょう。
 だからといって、面接や経歴で選んでも正しい選抜ができるとは限りません。判断する人の恣意や相性が、合否の基準に入り込んでくるからです。
 誰もがまったく同じ条件で受験することができて、なおかつ、言い訳のしようのない明確な結果が出るという意味で、ペーパーテストはかなり公平な選抜方法なのです。

 資格試験は、限られた時間の中で、どれだけ正確な解答を数多くできるかという競争です。受験者の持っている知識の量や、人間性や、業務における卓越度を見るものではありません。
 もし「我こそが資格取得に相応しい」と自負する人がいたとしても、その証明は試験に通った後でなければできません。試験に通るまでは、どんなに実務経歴があっても、豊かな才能があっても、ただの人です。

 ですから、資格取得のためには、問題を素早く解く訓練が欠かせません。たとえそれが資格の本質ではなくても、スピードを身につける必要があるのです。
 そして問題を解く速さも、問題演習によって養うことができます。
 問題演習には「知識の習得と復習」と「本番の試験の練習」という二つの側面が存在するからです。

 本番の試験では、一問当たり約3分しか、解く時間が与えられていません。ですから、試験直前の問題演習においては、1問当たり3分と時間を区切って問題を解いていく練習が必要になります。
 もちろん、学習の初期においては、そんな速さで問題演習する必要はありません。知識を習得する段階で速度を気にしていると、逆に理解がおろそかになってしまいます。
 学習の序盤から中盤にかけては、問題で問われていることを確実に把握し、出題者の意図を読み取り、解答をじっくりと導き出す作業が必要です。
 一方、学習の終盤、試験直前期には、できるだけ早く、数多くの問題を解く練習が必要です。一つの問題を3分以内に解けないとしたら、たとえ正解がわかっていたとしても、試験上では×になってしまうからです。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

深夜か早朝、自分に合った時間帯に勉強しよう
早朝と深夜の時間を利用して勉強しよう

 もちろん、一所懸命に仕事や家庭に打ち込んできた人であればあるほど、自分の時間を …

問題集の正しい使い方、勉強法
問題集の復習の仕方で学習効果は決まる

 問題演習の目標は、高い点数を取ることではありません。正解だからといって喜んで、 …

具体的な学習計画をつくれば勉強時間のつくり方も分かる
具体的な学習計画が合格までの道のりの8割

 勉強しようと思っても、なかなか勉強ができない人の多くは、「やる気」を出して「完 …

イメージや追体験で記憶を経験記憶にして定着させて暗記する勉強法
経験記憶も暗記した内容を定着させるために有効

 記憶の種類は「知識記憶」と「方法記憶」だけではありません。もう一つ、大切なもの …

勉強するためのやる気を出す方法を見つける
資格を取得した自分をイメージしてモチベーションを上げよう

 「やる気」がなかなか出てこないという人は、本気で資格取得したいと思ってないこと …

やればできると考えれば、本当に勉強の効果が倍増します
あなたは、やれば必ず勉強できる人です

 なかなか「やる気」が起きない、勉強がはじめられない、という人には、もしかすると …