受験生サポートブログ

過去問の復習が資格試験の一番の勉強法

試験直前の最も良い復習方法は過去問を解くこと

 試験に合格するためには、本試験の一定時間内に正答を導き出す力が必要になります。つまり、問題解決力と処理速度の二つが欠かせません。
 これらを習得するのに最適なのが、過去問演習です。過去問を徹底的に繰り返して、コンスタントに合格点を取れるようになることが、試験勉強の総仕上げになります。

 なぜ過去問演習がそれほど効果的だといえるのでしょうか。
 その理由は、過去問こそが最も本試験に近い問題だからです。

 たまに「過去問と同じ問題はもう出ないのだから、そんなに真剣にやらなくてもいい」という人がいますが、大きな見当違いです。
 まったく同じ問題は出なくも、似たような問題、ちょっとだけ変えた問題、はよく出てきます。
 そのとき、過去問をやっていれば、基本ができていますからすぐに対応できますが、やっていなければ初見の問題となって、解くのに時間がかかってしまいます。

 なぜ、似たような問題が出てくるのかといえば、結局、資格試験に適した良問のバラエティーがそれほど多くないからです。
 試験問題の出題者は、例年、ほぼ同じような人が担当しています。彼らにとって、毎年、まったく新しい問題を考えるのはたいへんな負担です。
 また、いくら出題範囲が多岐にわたるとはいえ、資格を取得する方に絶対に知っていてもらわねばならない基礎知識=最重要出題範囲はそれほど広くありません。
 そのため、どうしても同じような出題が多くなってしまうのです。

 さらに、過去問を徹底的に研究すると、どれが難問か見分けられるようになり、効率的に問題を捨てられるようになります。
 すでに述べたように、試験の目的は満点をとることではなく、合格点を取ることです。
 そのためには、難問や奇問に考える時間を取られることなく、確実に点を取れる問題だけを選んで解いていく必要があります。
 解かなくても良い問題を見分けて捨てる行為は決して悪いことではありません。出題者も、受験生をひっかけるために難問をいれてきているのですから、その罠にかからないようにすることも試験対策の一つなのです。