受験生サポートブログ

早朝と深夜の時間を利用して勉強しよう

深夜か早朝、自分に合った時間帯に勉強しよう

 もちろん、一所懸命に仕事や家庭に打ち込んできた人であればあるほど、自分の時間をあまり持っていないでしょうから、勉強時間を増やすにも限界があります。
 また、生活の中の細切れのすき間時間をどんなに集めても、集中して勉強をするには十分とは言えません。
 そんなときに活用できるのが、早朝と深夜の時間帯です。
 早朝と深夜は、起きている人が少ないため、メールや電話や家族に邪魔されることなく、まとまった時間がとれます。まさに試験勉強に最適な時間帯なのです。

 では、早朝と深夜では、どちらがより勉強に適しているのでしょうか。
 一般的には、朝の方が良いと言われているようです。
 なぜならば、朝起きたばかりの脳はフル回転しているのに対して、一日働いた後の夜の脳は疲れているからです。
 とはいえ、自分は朝よりも夜のほうが、頭が冴えるのだと感じている人は少なくないでしょう。
 実際に、夜型で勉強している人の方が、朝型で勉強している人よりも数は多いと思います。夜更かしの方が、早起きよりも楽だからです。

 朝型と夜型で、どちらの方がより良いとは言い切れません。
 早朝に起きて勉強をはじめることで、規則正しい生活ができるようになったという人もいるでしょうし、無理をして早起きをしても、気分が乗らなくて時間を無駄にしたという人もいるでしょう。
 人それぞれ好きな方を選べば良いと思います。

 いずれにしても、毎日、早朝か深夜のどちらかにまとまった時間をとり、集中して勉強することが大切です。
 朝にも夜にも勉強せずに、すき間時間だけの勉強で試験に合格するのは至難の業です。
 試験とは1分1秒でも長く勉強した人が、それだけ有利になるようにできています。努力がきちんと反映されるという意味では、実に公平なシステムではないでしょうか。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

やればできると考えれば、本当に勉強の効果が倍増します
あなたは、やれば必ず勉強できる人です

 なかなか「やる気」が起きない、勉強がはじめられない、という人には、もしかすると …

知識記憶を方法記憶に変えて暗記したことを忘れない方法
知識記憶を方法記憶に変えれば、暗記したことは忘れない

 映画やドラマなどに出てくる記憶喪失の人が、どんなに自分の名前や過去の記憶を忘れ …

合格するための、やる気、勉強時間、勉強法を身につける
資格試験に合格するには「ヤル気」「勉強時間」「勉強法」

 勉強のできる人のなかには「そんなに資格を取りたいわけでもないけれども、一応なに …

暗記を効率することが資格試験の一番の勉強法
資格試験合格の鍵は勉強時間と暗記の勉強法

 資格試験の勉強において、最も大切なことは、膨大な量の知識を正確に覚えることです …

効率良く暗記するための勉強法
関連を考えれば単純な暗記よりも覚えやすい

 丸暗記が覚えにくいと言われるのは、意味のつながりによる記憶の補強ができないから …

復習では問題演習をすべき理由
問題を解いた方が復習が面白くなる

「復習」の大事さをわかってはいても、復習をおざなりにしてしまう人は多いものです。 …