受験生サポートブログ

勉強の邪魔になるものを排除して集中してみよう

勉強に関係のあるものだけを身の回りに置けば勉強しかできなくなります

 勉強をしなければならないことはわかっているのに、何となくさぼってしまう人は多いものです。
 いや、さぼっているという意識すらなく、なぜか勉強する時間がないと考えている人もいるほどです。

 なぜ、私たちの勉強時間は足りなくなってしまうのでしょうか。
 その答えを知るために、あなたの生活を振り返ってみてください。
 勉強しようと思ったとき、あるいはスケジュールで定められた勉強時間がきたとき、あなたが“勉強の代わりにしてしまっていること”は何でしょうか。
「ちょっと息抜きにスマホでゲーム」でしょうか。「SNSで友人・知人の動向をチェック」でしょうか。それとも「メールが来てないか確認する」でしょうか。
 あるいは「何か面白いものがないか、テレビをつけてしまう」ことでしょうか。「マンガや小説を取り出して読んでしまう」ことでしょうか。
「コーヒーを淹れてみる」とか「お菓子をつまんでみる」とか「煙草で一服」の人もいるかもしれません。
 それらの行動は、ありていにいえば、勉強からの「逃避」でしかありません。

 しかし、勉強しなければならないとわかっているのに、なぜ私たちは「逃避」をしてしまうのでしょうか。
 その理由は、そんなに深いものではありません。
 歩いていて疲れたときに目の前にベンチがあったら腰を下ろす、あるいは、喉が渇いたときに目の前に自動販売機を見つけたら飲み物を買うのと同じ理屈です。
 私たちは、勉強をしなければならないとわかっていても、なんとなく「やる気」が起きないときに、目の前にある楽そうな物事に手を伸ばしてしまうのです。

 では、どうしたらよいのでしょうか。
 その答えは、あなたの生活の中から、勉強の邪魔になりそうなものを排除して、何となくの「逃避」ができないようにすることです。言い換えれば、勉強をせざるを得ないような環境や状況を積極的につくるのです。

 たとえば、ついテレビを観てしまうという人は、テレビのコンセントを抜いて、リモコンを、すぐには手に取れない棚の奥深くにしまってみましょう。
 本当は、テレビ自体を家から処分してしまうのがいちばんいいのですが、楽しみにしている番組もあるでしょうし、そこまではできないという人も多いでしょう。
 コンセントを抜いてリモコンを隠すだけでも、勉強しなければならないのについテレビを点けてしまうという悪習慣からは逃れることができます。

 スマホでSNSをチェックしてしまうという人は、合格するまでの間、一時的にSNSを休会するというのはいかがでしょうか。SNSでつながっている友達や知人に、SNSの内部で「資格試験を受ける」と宣言して休会してしまえば、自分自身にカセをつくることにもなって一石二鳥です。

 ゲーム機や本やマンガで時間をつぶしてしまう人には、それらを段ボール箱にしまって、ガムテープとひもで厳重に縛ってしまうことをおすすめします。
何も捨ててしまえとは言いません。ただ、合格するまで、気軽に手に取れないようにしておくだけのことです。

 ダイエットに成功するコツは、間食を減らして、絶対的な食べる量を減らすことにあります。それと同様に、資格試験に合格するコツは、無駄な時間を減らして、勉強する時間の絶対量を増やすことです。
 長期的な「やる気」をもっているのに、なかなか勉強がはかどらないという人は、スマホやテレビなど、目の前にある誘惑因子に邪魔をされているのです。それらの誘惑を減らすように、環境を整えていくことで、自然と勉強時間は増えていくものです。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

食事しながら勉強すれば、勉強時間が増やせる
ながら勉強で、勉強時間を増やそう

 一般に「ながら勉強」は良くないと言われています。  たしかに、ラジオを聴きなが …

最も効果的な復習の方法は反復
最も効果的な復習の方法

 私たちの脳は、一生懸命勉強して覚えたことを、次々と忘れていってしまいます。   …

最初から難しい問題に挑戦するのは非効率
簡単な問題から始めるのが効果的な勉強法

復習が大切であることは理解したけど、問題演習は苦手だという人がいます。 そのよう …

試験では問題を時間内に解くのも実力のうち
資格試験に合格するために試験時間を意識した勉強法を

 本番の試験が終わった後で、次のように言って悔しがる人がいます。 「時間がなくて …

コツコツ努力するのが資格を取るのに最高の勉強法
資格取得に必要なのは勉強する努力だけ

 ときどき「自分は学校の成績が悪かったから資格試験なんて無理」と最初からあきらめ …

ゲーミフィケーションを取り入れて勉強を楽しく続けよう
学習記録をつけて、自分の成長を実感しよう

 一日ごと、一週間ごとに細かく目標(ゴール)をつくって達成していくゲーミフィケー …