受験生サポートブログ

細かく目標を定めて、勉強の達成感を味わおう

ゲームのように勉強を楽しんで達成感を味わう方法

 短期的な「やる気」を生み出すのに最も効果的な方法は、ゲーミフィケーション(ゲーム化)です。

 あなたは、ファミコンやスマホのゲームについ夢中になってしまったことはありませんか? そして後から冷静に振り返って、実はたいしたことのないゲームで「なんであんなに熱中したのか不思議だ」と感じたことはないでしょうか?

 私たちが、最初はそれほど「やる気」がなくても、ひとたびゲームをやりはじめると、とめられなくなってしまうのは、そもそもゲームがそういう仕組みになっているからです。
 スマホのゲームが、無料で提供されているのに儲けることができるのは、はじめた人たちが次第に夢中になって、どんどん課金するからです。

 ゲームとは、直訳すると「遊び」です。私たちは、本能的にゲーム(遊び)には熱中してしまうものなのです。

 では、私たちの短期的な「やる気」を強制的に引き起こしてしまうゲーム(遊び)の本質とは、どのようなものでしょうか。
 私が思うに、それは「達成感」です。

 スマホのゲームに夢中になっているあなたがやっていることは、傍から見れば、ただ“ボタンを連打して、点数を稼いでいる”だけです。ドラクエであれ、パズドラであれ、モンストであれ、ゲームの本質は点数(ステータス)の獲得です。
 得点を得るだけの行為が、なぜそんなに楽しいのかといえば、そこには、自分の力で“困難”を打破して、相手を打ち負かして、褒美を得るという「達成感」があるからです。

 もしも、最初のステージがとてつもなく難しくて、はじまって数秒でプレイヤーが死んでしまうようなゲームがあったとしたら、誰も好んでやりたがらないでしょう。 “クソゲー”認定されて、それでおしまいです。そんなものはゲームではありません。
 多くの人がプレイしたがるゲームに最も大切なのは、ちょっと努力すれば乗り越えられる程度の難易度と、課題をクリアしたことによる「達成感」です。

 一般に、楽しくないと思われがちな試験勉強も、ゲーミフィケーションを利用することで、思わずやり続けてしまうものに変えることができます。
 そのために必要なのは、目標(ゴール)の設定です。

 ほぼすべてのゲームには目標が設定されています。目標がないと、せっかくゲームをはじめても、どう動いていいかわからずに、すぐに退屈になってしまうでしょう。
 “ラスボスを倒す”という目標が明確になっているから、プレイヤーは「やる気」が起きるのです。

 試験勉強も同じことです。
“試験に合格する”という目標が明確になればなるほど「やる気」を起こすことができます。
 ただし、その気になれば何日間でも徹夜でやりこむことができるゲームと違って、“試験の合格”は試験日にならなければ達成できません。そのため、試験勉強をしているうちに目標があいまいになって「やる気」が失われがちです。
 そこで、試験勉強にとりくむ方は、すべからく「試験合格」の目標を大きく書いて、机の前など目に見えるところに貼っておくべきでしょう。そうすることで、いつでも、あなたが「試験勉強」という大きなゲームの中にいることを思い出すことができます。

 また、試験勉強でもゲームでも、大きな目標(ゴール)があるだけでは、いま何をするべきかがわからなくなってしまうことがあります。
 そのため、ゲームの場合は、ステージやクエストが細かく分けられて、一つ一つのステージをクリアすることで「達成感」が得られるように設計されています。
 あなたの試験勉強もそうあるべきです。大きな目標(試験合格)はそれとして、一カ月ごと、一週間ごと、一日ごとに小さなゴールをかかげて、その目標を達成するように心がけましょう。
 毎日の目標の達成は、ゲームにおける一つのステージのクリアに重なります。そして、多くのステージをクリアすることで喜びが得られるように、試験勉強においても、毎日の目標をクリアすることで「達成感」を得ることができるようになります。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

資格の勉強法はとにかく復習が大切
資格の勉強法はとにかく復習が大切

 私たちは学校で、学習とは「予習」と「授業」と「復習」の3点セットであると習いま …

イメージや追体験で記憶を経験記憶にして定着させて暗記する勉強法
経験記憶も暗記した内容を定着させるために有効

 記憶の種類は「知識記憶」と「方法記憶」だけではありません。もう一つ、大切なもの …

ゲーミフィケーションを取り入れて勉強を楽しく続けよう
学習記録をつけて、自分の成長を実感しよう

 一日ごと、一週間ごとに細かく目標(ゴール)をつくって達成していくゲーミフィケー …

具体的な学習計画をつくれば勉強時間のつくり方も分かる
具体的な学習計画が合格までの道のりの8割

 勉強しようと思っても、なかなか勉強ができない人の多くは、「やる気」を出して「完 …

インプットとアウトプットを繰り返す勉強法が暗記を促す
インプットとアウトプットの繰り返しが記憶を定着させる

 試験勉強とは、簡単に言えば、「理解」と「記憶」です。  こう書けば簡単そうに見 …

知識記憶を方法記憶に変えて暗記したことを忘れない方法
知識記憶を方法記憶に変えれば、暗記したことは忘れない

 映画やドラマなどに出てくる記憶喪失の人が、どんなに自分の名前や過去の記憶を忘れ …