合格体験記 「9月中旬から、毎週日曜は模試」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

9月中旬から、毎週日曜は模試

( 男性 /  30代  / 会社員 )

 通信を選んだのは、自分の性格上、途中で怠けたり挫けたりしそうだったので、それを予防し、きっちり管理していくためのツールとして利用するためでした。フォーサイトにしたのは、値段と評判を知り、資料を取り寄せてみて良さそうだと思ったからです。
 勉強は4月から始め、土曜を休みとし、総勉強時間は、目安にしていた200時間を少し超すぐらいでした。

 まず、4月末からは、毎週日曜日に確認テストをする予定を立て、その一週聞でテキストの確認テストまでの範囲にざっと目を通し、チェックテストをし、テキストを見返し、確認テストをするという繰り返しをしていました。

 講義CDは通勤中、ずっと確認テストの範囲を聴いていました。途中、多少の遅れはありつつも、8月下旬までに確認テストを終了しました。それからは、『過去問』を1日分のノルマに分け、毎日4科目を目標にやっていました。気が乗らないときでも難しい宅建業法だけは勉強していました。宅建業法は6回、他は5回まわしました。4回目になってくると、選択肢の一つ一つがきっちり分からなくても、全体で答えが出せるようになってきたので、一問一答で問題を解くようにしました。何度も間違うものは、別紙に書き出し、整理しながら覚えました。『過去問』は問題傾向がかなり偏っているので、最後にチェックテストと確認テストも一通りやりました。

 9月中旬からは、毎週日曜に模試もしました。フォーサイトでは1回分と前年度の分しかないので、ネットで無料ダウンロードできるものを探し、プリントアウトしてやりました。

 今年は、細かい数字より、しっかり理解しているかを問うものと、国語力が必要な問題が多かったように思いました。その分、一問一答には時間がかかってしまい、最後は時間ぎりぎりでかなり焦りました。

 4月から勉強してきて、最後の方はちょっと飽きてきた感がありましたが、「来年はもう受験勉強はしない!」と自分に言い聞かせ、なんとか完走した感じです。

 先生をはじめフォーサイトには、いろいろとお世話になりました。ありがとうございました。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!