合格体験記 「確認テストはやる気を出させてくれるシステム」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

確認テストはやる気を出させてくれるシステム

( 女性 /  30代  / 会社員 )

 以前、簿記を独学で学び合格はしたのですが、試験前1カ月をきって問題が解けないことに慌てふためいたので、今回はきちんと計画を立てて勉強したいという思いから、確認テストや質問のサポート体制が整った、そしてDVDで生講義を受けている感覚で勉強ができるフォーサイトに決め、無事一発で合格することができました。

◆1日の勉強時間

 2時間以上を目標にしましたが、集中力がないため2時間弱になってしまうことも少なくありませんでした。それでも、勉強はほぼ毎日継続していました。直前は、『過去問』のみで時間配分も考えながら、できるだけ多くの問題を解きました。

 仕事との両立のコツは──休日以外は夜しか勉強できないので、会社の社長のご好意もあって、会社の事務所を使わせてもらい、そこで勉強することができました。また確認テストの期限もあるので、納期厳守と言い聴かせ、これも仕事の一つだと自分自身に思わせました。


◆学習の仕方

 予習としてテキストを流す程度に読みましたが、何が何だかさっぱりわからなかったので、予習はあえてせずに講義DVDを観ながらテキストに目をやっていました。そして、またテキストをもう1回読み『過去問』に取り組んでいました。次の日は、昨日のおさらいをしてから新しい範囲へと進みました。

 フォーサイトの教材は、とくに講義DVDは、自宅に居ながら好きな時間に生講義を受けているかのように勉強ができました。テキストは図や表を用いてあり簡潔、丁寧に書いてありましたので、とくに自分でノートを作ることはあえてしませんでした。書くことがあまり好きではなかった私にはもってこいの教材でした。


◆精神面維持のコツ

 「絶対受かるんだ」という気持ちだと思います。確認テストはやる気を出させてくれるシステムなのでやったほうがいいと思います。そこで合格点に達すれば、次回はそれ以上の点数で、不合格ならば絶対次回は合格しなくてはという気持ちにさせられます。それがあったからこそ継続できたのではないかと思います。


◆直前の勉強方法

 確認テストが終わると、それからは『過去問』一筋でした。理解不足や、うろ覚えがあればテキストやDVDに戻って見直し、また『過去問』をやりました。フォーサイトの『過去問』集は最低5回ししていたので、さらに10年間の『過去問』集を購入してやりました。『過去問』から学ぶことは多かったです。


 分かりやすくまとめてあるテキストや、笑いありの講義DVDで、あきることなく勉強できました。「捨てるところは捨てる。取るところは取る」と言われた通りに進め、継続してやれば、必ずや合格できます。フォーサイトに感謝です!

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!