合格体験記 「平日1時間半、休日3時間のペースでやり続ける」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

平日1時間半、休日3時間のペースでやり続ける

( 女性 /  40代  / 会社員 )

 不動産会社に事務として勤務しているので、宅建資格の必要性を痛感していました。

 ただ、国家試験なので生半可では、受からないだろうという不安があり、また宅建を受ける前の簿記2級の試験に、2回目でやっと受かったという苦い思い出がありました。しかし「やるだけやってみよう」と思い立ち、3月の末にフォーサイトの通信に申し込みました。

 本格的に勉強を始めたのは4月からです。仕事もあるので平日は1時間30分、休日は3時間くらいの勉強時間でした。

 用事などで時間がなかなか取れない時でも、たとえ10分でも必ずテキストを読む時間をつくりました。毎日やることが大切だと思います。

 DVD聴講を3回くりかえし、その後、テキストを熟読し、もう1度DVDを観ました。それを大体2ヶ月で終了し、6月からは『過去問』にはいりました。『過去問』は、6回解きました。チェックテストもこの時期に提出したと思います。それが終わったのが8月の終わりでした。

9月からは、TAC等が出している直前予想問題を解きました。そして分からないところがあったら、『過去問』にもどったり、テキストを見たりしました。

 10月に入ると他の専門学校の模擬試験をうけました。これは、受けておくと本番に緊張しないでいいと思います。

試験2週間前になってもあまり勉強のペースを変えないで、相変わらず平日1時間30分、休日3時間という勉強時間にしていました。しかし、さすがに試験の週の金曜日は会社を休み勉強しました。先生が金曜日を休んだ人は統計的に受かっている人が多いとの話だったので……。

 私は合格するために皆が苦手とする民法にとてもカをいれました。やっているうちにハマってしまったというのが本音ですが……。

 でも今年の試験は、宅建業法もやや難しかったので、やはりしっかり万遍なく勉強しておくのがいいと思います。フォーサイトのテキストは、無駄のない内容でとても分かりやすかったと思っています。

 宅建の資格で仕事を覚えた後、今度は、行政書士にチャレンジしようと思っています。そのときは、またよろしくお願いします。本当にありがとうございました。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!