合格体験記 「私の合格が娘への刺激にもなったようです」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

私の合格が娘への刺激にもなったようです

( 女性 /  40代  / 主婦 )

 76歳くらいの友人のお姑さんが、10年目で宅建の試験に合格したと聞き、私にもできるかもと思い始めました。今回で3度目の受験でした。

 1回目、2回目と市販の参考書と問題集を使用して勉強していました。普段聞き慣れない用語だけで戸惑って、まとめのノート作りだけで、『過去問』にたどりつけないまま2回とも敗退でした。

 「今年はどうするの?」と主人に言われ「もちろん受けるけどいい教材ないかなあ。学校に通うのは無理だし」と資格の本を買い、あれこれ通信教育の教材を探していくうちにフォーサイトを知り、案内を送ってもらうことになりました。

 家でそれを見ていると、主人が「フォーサイトは結構合格率がいいみたいだよ」と言いうので「早く言ってよね」と、早速申し込みました。

 4月からは、まず週1度のチェックテストの範囲を、講義CDを聴きながら教材にペンでマークをし、チェックテストをして、『過去問』も余裕のある時は聴いてみて……というように9月まで過ごしました。

 先生が「1日2時間勉強すれば大丈夫」とおっしゃっていましたが、なかなか時間が取れない日もあり、そんな日はベッドサイドに置いた暗記カードを10枚覚えてから寝ることにして、とにかく宅建の教材を目にしない日はないように生活を変えました。ちなみにトイレにはもう一式の暗記カードを置いていました。

 けれども、これが自己満足だと知ったのは10月に入り、1回目の模試をやってみた後です。「何も分かっていなかった! 何をやってたんだろう」答え合わせをしたらほとんど権利関係で間違いを連発していました。

 それから、もう一度権利関係をやり直すことにして、『過去問』も5回は解いてみて、試験日の3日前には模試をやり、これも28点と、到底合格できる点数ではなく、2日前にはレジュメをまとめ上げ、前日は権利関係の問題を2時過ぎまで取り組み、もう限界と思い、翌日の試験に臨みました。

 いつものように電車に乗り、レジュメを覚えながら、試験場にたどり着き「これで駄目だったら、今までの6ヶ月間が無駄になってしまう。何とか頑張ろう。もう来年も受験する気力はないんだから、今年こそ何とかしないと」と言い聞かせながら試験に臨みました。
 結果オーライでぎりぎり合格しましたが、今年は合格点が高かったのか、最後までヒヤヒヤして合格通知を待ちました。これで来年は宅建から開放されます。

 癒し系の声でCDから語り掛けて下さった先生はじめ、スタッフの皆様に本当に感謝します。6ヶ月間ありがとうございました。

 今年、中学3年の娘が受験です。チョッとボケの入っている母親の私が受かったことで少し刺激になったようで、「自分も志望校を落とさず頑張るぞー」って言ってくれたのが一番嬉しいことでした。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!