合格体験記 「合格に年齢は関係ない」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

合格に年齢は関係ない

( 男性 /  50代  / 会社員 )

 退職後に退職金と年金をたよりに細々暮らすなんて耐えられない。「法律関係の資格は難しそうだが、まず宅建をやってみよう!」、そう思い立って去年の正月からフォーサイトので勉強し始めました。


 合格体験記を読んで自分なりに確信めいたものを持ちました。それは350時間勉強すれば受かるということです。逆算すると、週に最低9時間の勉強。ざっと平日1時間、土日各2時間の計算です。

 平日は勤務に行く前に30分勉強時間をとります。すると昼休みに15分とれば帰ってから15分で1時間の勉強がクリアーできます。ちょうど仕事の繁忙期でしたが、自分の計画よりもハイペースで勉強しました。週末には、その都度手帳に記入している分単位の勉強時間を集計し、進捗状況を確かめ、累計値を記入していきました。帰ってから勉強がしたいので、普段の仕事の能率があがり、早くきりあげるクセがついたという利点もありました。

 勉強のやり方は、講義DVDをみてテキストを読み、理解度チェックをし確認テストに臨むというもので、問題集はひと通りしてやりました。2回目、3回目は自然にスピードアップしました。質問は思いつくとすぐメールしました。

 DVDの先生の講義は初心者にも親しみやすく、冗談まで覚えるくらいに視聴しました。優しい講義には自然と引き込まれました。実務に長けておられるのがとても説得力がありました。

 通勤時間も講義CDを聴き、DVD講義のシーンを思い出す努力をしていました。家から駅までの間にちょうどフィットネスクラブがあり、これも普段どおり週3回通いました。運動しないと生活レベルが落ちます。これは私にとって、とても嫌なことでしたし、学習能率を落とさないためでもありました。晩酌、たばこはやめました。やるからには悔いを残したくはなかったのです。

 確認テストで理解度を計ることができたのも助かりました。他社の模擬試験以外はフォーサイト以外の教材には手をだしていません。

 夏が過ぎるとあっという間に試験です。慌てて他社の模擬試験を受けました。
22点と23点で惨憺たるものでした。

 テキストの内容が試験問題を読んでもすぐに出てきません。それからは「問題をやる度、テキストに戻る」をさらに徹底し、権利関係もテキスト内容を完全に覚えるつもりで、複雑な箇所は繰り返し書いて必死に覚えました。

 直前の学習時間は自然と毎週15~20時間になっていました。試験2週間前にフォーサイトの模擬試験をやってみると40点でした。権利関係も得点できてうれしかったです。

 しかし本試験では、なまじ権利関係が解けるという意識がはたらいたのか、権利関係に時間をとりすぎて、突然のあせりが襲ってきて、終了間際に2問書き直してしまいました。しかし、直さなければ2問とも○だったのです。本当に本試験は怖いです。時間配分にはくれぐれも注意してください。

 何はともあれ、勉強量が足りていたから受かったのだと思います。
 
 歳は関係ありません。条件さえクリアすれば、歳に関係なくきっちり合格します。やればできると思います。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!