合格体験記 「フォーサイトの教材は、試験に対する心構えまでフォローしてくれます!」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

フォーサイトの教材は、試験に対する心構えまでフォローしてくれます!

( 男性 /  30代  / 会社員 )

■1年前から独学で勉強スタート!…でも、途中で…。

私が宅建を取得しようと考えたのは前年の試験が終わったばかりの時期でした。市販の参考書を頼りに独学で、自己学習を始めました。分厚い参考書を、自分なりにノートにまとめる作業を毎日少しずつやっていました。始めて3カ月位はその方法で学習をしていたのですが、進捗もあまり良くなく、試験までだいぶ時間があるからという気持ちから、そこで一度手を弛めてしまいました。自ら学習のペースを毎日から休日のみへと落としてしまったのです。試験が近付けばなんとかするだろうと楽観的に考えていました。

■試験3ヵ月前、焦りと不安に襲われて、フォーサイトに申込みました

試験が3カ月後に迫った頃、楽観的な考えから一転、突然焦りと不安な気持ちに襲われ、必死に勉強方法を模索しました。サイトでフォーサイトさんのを見つけた時は、その合格率の高さに気持ちが救われました。藁にもすがるような思いでしたが、新たな気持ちで(私はDVDとテキストがセットになっているしました)に取り組み始めました。

■テキストの薄さに、まず驚きました!

まず、驚いたのはテキストが非常に薄かったことです。今まで使っていた参考書の半分以下で、かつ、字も読みやすい大きさなので、3カ月というリミットでも「このテキストなら頑張れる!」という気持ちになれました。「学習はフォーサイトの教材だけで充分です。他の教材には手を出さないで下さい」という先生の言葉を信じ、フォーサイトさんの教材だけを頼りに学習に励みました。

■一度の勉強では記憶に残らない。繰り返しがとても大事。

私の学習方法は、『1.DVD視聴  2.テキストの精読  3.問題集を解く(テキストに過去問で得た知識を書き込む)  4.ここまで終えたら 2.と3.をひらすら繰り返す』というものです。私が痛感したことは、一度学習しただけでは、頭には本当にうっすらしか記憶に残らないということです。ですが、その記憶の薄い箇所や誤って覚えている箇所も、二度三度とやっていくうちに記憶に残るようになっていきます。3回繰り返した時点で、「受かるかもしれない」という小さな希望が見えたのを覚えています。(最終的には試験までに5回以上学習したと思います)

■少しの空き時間でもテキストを開く。空き時間の積み重ねで知識が定着!

また、テキストは何処に行くにも必ず携帯し、空き時間を見逃さずにテキストを開きました。たとえ5分しか空き時間がなくとも、その積み重ねで記憶が定着していったと思います。それから、暗記についてですが、宅建は膨大な量を暗記しなければいけません。私は、夜寝る前の1時間を暗記物の学習に充てるようにし、起床してすぐに寝る前に学習した箇所を反芻するようにしました。暗記が苦手な私でしたが、この方法はかなり効果がありました。

■1カ月前には模試を受け、弱点分野を徹底克服!

試験まで1カ月を切り、模試(市販の模試を含む)を行うようになりました。第一回目の模試では29点しか取れず、半月前に行った模試でも33点。「このままでは間に合わない…」という不安な気持ちに駆られました。そこから模試で判明した弱点分野(私の場合は法令上の制限でした)に集中的に時間を充てました。その甲斐あってか、試験の10日程前に行った模試では40点を超えることができ、そのあとの模試でも手ごたえを感じる事ができるようになりました。

■模試を受けることは「ひっかけ問題」の対策にもなる!

上記にあるように、弱点分野を見つける事以外にも模試にはメリットがあります。宅建試験では、言葉の言い回しによるひっかけ問題が非常に多いです。例えば、「~することができる」「~しなければならない」や「建築後1年未満の物件は~」「建築後1年以下の物件は~」などです。何度も模試を行うことで、問題文及び各肢を注視できるようになり、このような問題にひっかからなくなります。また、私個人の感覚にはなりますが、問題に対しての第6感が鋭くなります。実際に分からない問題が出てきても、正解することが多くなり点数も伸びていきました。分からなくても、今まで蓄積した知識を総動員し繋ぎ合わせれば、正解は導き出せるということを知りました。

■モチベーションの維持方法は、DVDを見ること!応援されている気持ちになる。

さて、学習する上で一番大変だったことは、やはりモチベーションを維持することでした。自己学習で一度挫折している私でしたので、それが不安の種ではありました。モチベーションが落ちそうだと感じると、学習する場所を図書館やファミレスに変えたりしていました。ですが、一番効果があったのはDVDの講義を見ることでした。は最初から最後までずっと一人の先生が講義をして下さっています。いわば家庭教師のような存在で、毎日見ているその先生に対しては自然に信頼感を覚えていきました。ですから、DVDを見ることで「頑張れ!」と応援されているような気持ちになれたのだと思います。


■フォーサイトの教材は、試験に向けた心構えまでフォローしてくれる

そして、試験当日。試験中は今までに経験したことがない緊張感に襲われました。鉛筆を持つ手に力が入り、マークシートをうまく塗り潰すのが困難な程…。緊張していたからか試験時間2時間という時間は本当にあっという間でした。あのなんとも言えない会場の雰囲気は、一生忘れる事はできないと思います。

試験を終えて言えることは、試験に対しての心構えがいかに大切かということです。(この心構えやマインドコントロール、そしてイメージトレーニングの方法については付属の合格必勝編DVDで指南しており、試験直前には大いに活用させて頂きました。とても有益な内容です)難問をすらすら解いている自分や自宅に合格通知が届く場面を強くイメージすることや、見たこともないような問題(特に民法)が出題されてもあきらめない心構えをつくること。これらを行っていたからこそ、極度に緊張しながらも試験を乗り切れたのだと思います。

先生の「試験はあきらめるか、合格するか。このどちらしかありません。」という言葉が、今でも強く心に残っています。本当にその通りだと思います。この宅建試験を通じて、最後まで絶対にあきらめない気持ちや心構えを学び、自分自身を成長させることができました。今後は、他の資格試験にも積極的に挑戦していきたいと思います。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ