合格体験記 「勝因は、きちんと理解するまで過去問を繰り返したこと」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

勝因は、きちんと理解するまで過去問を繰り返したこと

( 男性 /  50代  / 無職 )

宅建については、過去の仕事とは全く分野が異なっており、全ての勉強が初めての経験(知識)という状況でした。
勉強にあたっては、フォーサイトさんのガイドに従ってやっていけば絶対大丈夫だと信じて、それらの教材だけを徹底して繰り返すことにしました。
通信自体が初めての経験だったので、試験までのスケジュールの立て方やスケジュールに沿った勉強内容の進捗状況の把握の仕方など、面倒なことが多いと思っていたのですが、フォーサイトさんお勧めの「道場やぶり」を利用することで、それらが簡単に出来上がってしまい、安心して勉強を開始することが出来ました。(「道場やぶり」は特許を取得されたんですね。おめでとうございます。)
私はDVDコースだったのですが、講義の視聴はほとんど、この「道場やぶり」の中の講義を利用していました。
ところで、その講義についてですが、最初の視聴ではほとんど理解することが出来ませんでした。
しかし、「道場やぶり」の内容どおりに、そのあとテキストを読み、再度講義の視聴とテキストを繰り返し、確認テストにチャレンジすると、理解が進んでいることをしっかり実感出来ました。
記憶の定着の為には、集中が必要だと思い、テキストを覚える時は出来る限り図書館を利用するようにしました。
そしてある程度自信がついたら、過去問の取り組みに入りました。
今回の試験の結果を振り返ってみると、合格出来た最大の要因は過去問の取り組みとその理解だと思います。
テキストをいくらしっかり覚えても、内容は大分絞られていますので、過去問が解けない場合も多くありました。しかし、解けなかった過去問の解説をしっかり理解し、覚えることで足りない部分を補えたのだと感じます。
私は、最初はのんびり構えていたので、常に「道場やぶり」の計画どおりに進まず、大分あせりましたが、直前一ヶ月は本当に集中してやりました。
「道場やぶり」の中の項目ごとのランキングが上がっていくことも励みになりました(ベスト50にも入れませんでしたが)。
結局、テキストの暗記・理解と過去問を繰り返してやれば、その他の教材に頼ることなく、合格出来ると思います。
とにかく、自分を信じて、そしてフォーサイトの教材と指導の内容を信じて、それだけに集中することが大事だと思います。
私の場合は、最後時間がなくて、過去問について、一部取り組めなかった部分もありましたが、何とか合格することが出来ました。
もし、今後チャレンジする皆さんが過去問までしっかり取り組まれたならば、間違いなく合格出来ると思います。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ