合格体験記 「勉強時間500時間、自己採点38点で一発合格!」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

勉強時間500時間、自己採点38点で一発合格!

( 男性 /  30代  / 会社員 )

私が宅建を取ろうと思ったきっかけは、不動産の会社に転職しようと思ったことです。現在の仕事は製造業なのでまったく不動産の知識はありませんでした。勉強を開始した時期は1月の初旬からでした。まず宅建業法、法令上の制限、その他の法令、権利関係の順で5回ずつDVDを見ながらテキストで基本を勉強しました。仕事をしながらの勉強でしたので帰宅するのが19時、子供を風呂に入れて、寝かしつけてた後となると、平日の勉強開始時間は夜の22時くらいからでした。毎日が睡魔との戦いでした。だいたい一日2時間程度勉強しましたが、疲れて眠い日でも最低30分はテキストを開くようにしました。昼ご飯を食べる最中、トイレ時は常に単語帳を見ていました。1月から3月の約3か月間でテキスト+DVDを5回やりました。そして4月からは過去問を解きました。最初の1回目はほとんど解けなかったのを覚えています。
4月から6月の3か月間で過去問をそれぞれ3回しました。分からないところはテキストに戻りを繰り返しました。毎日、昼ごはん後の30分で過去問を10問解きました。トイレ時はいつも単語帳の確認でした。この時点で単語帳は全て覚えました。7月から9月の3か月間で過去問を6回しました。この時点でわからない問題はありませんでした。模試は4回ほど受けましたが、だいたい37~39点の間でした。10月に入ってからは家に帰ってから2時間、朝起きてから1時間勉強しました。ここまできたら絶対受かりたい!とモチベーションは高かったです。日曜日の休みの日は6時間しました。そして試験日前1週間で統計資料を暗記して本番をむかえました。試験は難しかったですが、過去問を10回やったという自信で心を落ち着かせながら問題を解いていきました。試験を終わったあとはやりきった感で充実していました。自己採点で38点、一発合格することができました。フォーサイトのおかげです。本当にありがとうございました。フォーサイトのテキスト、過去問を繰り返しやるだけで受かると思います。計500時間は勉強しました。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!