合格体験記 「妊娠中の時間を利用して、パワフルに勉強」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

妊娠中の時間を利用して、パワフルに勉強

( 女性 /  30代  / 主婦 )

※一昨日、フライングして、「お問い合わせ」から先生あてにメールをしてしまいました。内容がかぶると思いますが、改めて記入します。


3月に妊娠9ヶ月で産休に入り、時間ができたので、教材を注文し、早めにとりかかりました。

生まれてくる赤ちゃんの状態によっては、勉強が続けられるか不安だったので、早いうちから講義DVDを視聴し、出産直前、直後も病室でテキストを開いていました。

最初のうちは、ひたすらDVDを視聴し、このタイミングで先生が噛む というのを覚えてしまうまで観ました(笑)

問題集が届いてからは、毎日、「ここまで進む」と決めて、最終的に6周しました。その際に、予定帳がとても役に立ちました。(妊婦検診の予定、乳児検診の予定、いろいろな提出物の申請期限、毎日の行動予定を管理する上でも、非常に役に立ちました)

育児中は、自宅に篭りがちになってしまいますが、天気のよい日、また、暑い日には、ドリンクバーのあるファミレスや、ファーストフード店に居座り、勉強していました。先生のおっしゃるとおり、環境を変えることは非常に重要だと思います。それが、モチベーションの維持にもつながるような気がします。

そんな中、6月に、マンションを衝動買い(?)しました。とても気に入った物件で、早くしないと売り切れてしまうとのことで、ほぼ、即決でした。

入居は、なんと10月上旬。本試験直前、追い込みの時期に乳児をかかえて引越しをしました。

追い込みの時期は、予想問題集を解き、間違えた問題をテキストに戻り、再復習 を繰り返しました。

引越し、荷解きだけでなく、家電、不用品をオークション販売する雑用や、インテリアオプションについての取り決めのことなどもあって、直前はかなり忙しくなりましたが、合格できたのは、フォーサイトさんの教材、先生のおかげです!

先生のおっしゃる通りに、道場破りのカレンダー通りに学習をすすめれば、必ず合格できると思います。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ