合格体験記 「スキマ時間を積み立てて、390時間!」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

スキマ時間を積み立てて、390時間!

( 女性 /  30代  / 会社員 )

・フォーサイトさんを選んだ理由
 他の通信教育のDVDと比較し、先生の話し方がとても分かりやすく眠くならず、また金額も良心的であったため選びました。
また、合格を目的として重点ポイントを押さえた薄い教材であったのでやる気が出ました。

・勉強の仕方
 7月から通信教育を始めました。講師に従い、最初は気分転換の時間を持ち、週末の片方は予定を入れるなどしました。9月からはできる限りの時間を勉強時間にあてるようにしました。
 平日は会社からの帰宅後1~3時間、週末は5~10時間勉強時間にあてました。10月上旬が一番時間をかけ、結果的には390時間の勉強時間でした。300時間は勉強しないと受からないと聞いたことがあったので、300時間を目標に、週単位に計画を立て、足りなそうであれば、朝の1時間、昼休みの30分などを積み立てて勉強していきました。通勤時間には単語帳を見ました。
 まずは一通り教材を通し、3回は繰り返そうと始めました。最初は3回もできるのかと思いましたが、2回目3回目となると理解も深まっているため、意外と頭に入りやすくなっていました。途中、分かっていないといけない範囲が見えてきて、多さに焦り出しましたが、悩むよりまず進めることというアドバイスのもと絶対受かるという気持ちでひとつずつこなしていくようにしました。
 過去問題集も3回やりました。

・教材について
 フォーサイトさんの教材以外は使いませんでした。特に重要なところが分かりやすい教材のため、重要ポイントを押さえるようにしました。
 私はすべてを頭に入れないと気がすまないタイプでしたが、フォーサイトさんの方針はいかに時間をかけずにいかに重点ポイントを押さえて合格するかを目的としていたので、初めての経験でしたが、講師の言われる通り従順すぎるのではないかと思うくらいに実行しました。
 直前対策は特に簡潔にまとまっており、直前の見直しにはとても便利でした。
 暗記するところは、自分用のノートをつくり、試験会場にも持っていき試験前におさらいをしました。フォーサイトさんの教材は語呂合わせも載っているので暗記しやすかったです。

・環境
 3ヶ月半の短期集中でしたがやはり飽きてしまうこともあり、家・ファミレス・図書館、色々な場所に移動し、教材もDVD中心、テキスト中心、単語帳、携帯電話、道場破り色々かえてやりました。
家族や友人には、しばらく遊べないことを伝え、皆にはプレッシャーにはなりすぎない応援をしていただきました。

・過去・模擬テスト
 本試験と同じように時間を計り2回実施しました。問題は、他の方のアドバイスの通り、後半から解き始め最後に権利関係の順で解きました。またその時にどのくらい時間がかかったかをチェックし、本試験で参考にするようにしました。
 1回目は本試験の5週間前に模擬試験をしました。この日を目標に勉強してみて結果は合格ライン付近だったので安心したのですが、3週間前に過去試験をしたところ、合格ラインに達しませんでした。そのせいもあり、残りの時間の勉強方法を急遽変えました。それまでは、いかに早く解くかを意識していたため記憶があまり定着していなかったのですが、もう少しゆっくりとより記憶に定着するように変えていきました。
本試験と同じ形の試験を少し早めにすることは、自分の弱いところが分かり、残りの時間を有効に使え大変良かったです。

・本試験
 4択ではなく正誤数を問う問題が多くあり、過去問と異なり、想定していた時間配分がくずれたため本番で焦りました。しかし、時間配分を意識していたおかげで、遅れを取り戻せ、冷静に解くように気持ちをコントロールしました。これは大変重要でした。ただ最後に迷って解答を変えたところがあり、そこは誤りでした。フォーサイトさんの忠告は本当だなと実感しました。

・先生へ
 先生のおっしゃるとおりに勉強をしました。とても分かりやすく、そして質問に対して御解答くださったことも身近に感じ、いつでも講師がそばにいる感覚で心強かったです。とても感謝しています。本当にありがとうございました。

.

よく見られている合格体験記はこちら

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!