通関士について|通関士

通関士について

通関士とは

貿易のスペシャリスト!

通関士は、貿易のスペシャリストです。貿易立国である日本に欠かせない、貿易の専門家です。

例えば、私たちの身の回りを見渡すと、生活用品、外国製の洋服、ワインなどたくさんの海外製品があふれています。逆に外国では、ゲーム機や自動車など、多くの日本製品が使われています。

そして、日本の輸出入総額は約150兆円!(財務省貿易統計【2013年】)この輸出入の手続きのスペシャリストが、通関士です!

豊富な知識で通関業務に関わる手続きを確実に行う!

通関士は豊富な知識を使って、「通関書類の作成」や、「通関手続きの代行」といった通関業務を遂行します。顧客からの依頼に基づき、通関手続きを素早く完了させたい通関業者にとって、スムーズかつ確実に手続きをしてくれる通関士は、まさに縁の下の力持ちのような必須の存在なのです!

貿易関係で唯一の国家資格だから、就職・転職にも有利!

通関士は貿易関係では唯一の国家資格であり、社会的ニーズが高い職業です。通関業者や貿易関連会社でのキャリアアップはもちろん、就職・転職する際も大きな武器になるでしょう。

活躍の場がますます拡大!

貿易の専門的知識を持ち、通関業務プロフェッショナルである通関士は、社会のグローバル化でますます活躍できる分野が広がります!通関業を兼業している倉庫会社や航空会社の貨物部門、運送・物流会社はもちろん、海外製品を扱う商社やメーカーでも必要とされています。また、今人気急上昇中の、インターネットを通じた個人輸入を行う際にも、知識が活かせます!

受験資格なし!誰でもチャレンジできます!

受験資格はありません!誰でもチャレンジできます!通関士試験は、貿易関連で唯一の国家試験ということもあり、チャレンジすることに慎重になる方もいらっしゃいます。しかし通関士試験は、年齢や学歴、経験に関係なく、どなたでも受験可能です。

取得することのメリット

通関士は、多くの分野で活躍できるから、将来性の高い国家資格!

通関士が活躍できる場所は、貿易の拡大に伴って、どんどん広がっています。特に通関業者や物流企業でのニーズは高く、将来性も期待できます。また、輸入業を行っている商社やメーカーでも高く評価されています。国際物流に関わる、あらゆる分野で必要とされています!

活躍のシーンは、例えば以下のようなものがあります。
・通関業者での勤務
・流通会社
・メーカーでの勤務
・商社、貿易会社での勤務
・個人輸入

通関業者で活躍!

「通関士」の名称で活躍するためには、勤務先の通関業者を通じて「税関長の確認」を受ける必要があります。通関業者では、輸出入の際、通関手続きのほかに、倉庫の確保や搬入といった仕事も併せて発生するため、1つの会社で一連の業務をすべて行うほうが効率的です。そのため、通関業者の多くは倉庫業や航空会社の貨物部門、運送・物流会社などが、兼務で行っています。

また、通関業者の営業所には、必ず1人以上の有資格者を置く義務があるため、ニーズは常に高く、需要は増加傾向です!

商社・貿易会社で、世界を相手に仕事ができる!

世界の企業を相手にする商社や貿易会社は、輸出入業務が欠かせません。通関士であれば、豊富な通関業務の知識を活かし、円滑に仕事を進めるだけでなく、トラブルにも迅速に対応ができます。また、国家資格として、自己スキルの証明にもなりますので、就・転職活動でも有利です。

流通・メーカーで、旬なワインやバッグをいち早く輸入!

輸入品を扱う百貨店やスーパーなども、商社と並んで輸入業務が大切な仕事です。専門知識をもつ通関士資格をもつ社員がいれば、通関業者とのやりとりも無駄がありません。流行のアンテナを張りめぐらせ、発注から仕入れまで効率よく実行するなど、修得した知識を存分に活かせます!

個人輸入で、海外の珍しい雑貨を注文

通関手続の知識があれば、インターネットを使った個人輸入もスムーズに行えます。“珍しい雑貨を海外から直接注文!”といった、世界のお店を対象にしたお買いものも十分可能です。

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!

次回アクセスの際に便利

その他のコンテンツ

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!