通関士ってどんな資格?

サクセスストーリー

通関士はどんな資格?

通関士はどんな資格なのか?通関士は、どんなところでどんな仕事をしているのか?国際業務の希望者に圧倒的な人気を誇る通関士の仕事をチェック!

通関士ってどんな仕事?

通関士は、輸出入者に代わり国際物流の正しい手続きを行う人です。

イメージ

通関士は、輸出入者に代わり国際物流の正しい手続きを行う人です。通関士は「貿易を支える仕事」です。日本の経済活動は、石油、鉄鋼、木材などの資源はもとより、肉や魚介類、果物など、その多くを輸入品によってまかなっています。一方で輸出。輸入した原材料等を加工して製品に仕上げ海外各国へ。日本はさまざまな分野で、貿易に多くを依存しています。

こうしてモノが日本の国境線を越える輸出入の現場では、「輸出入に問題のない貨物かどうか」、「関税・消費税などを徴収すべきかどうか」などの判断が必要になります。それを管轄しているのが「税関」。通関士(通関業者)はこの税関に代わり、輸出入時のさまざまな手続きを行い、安全で正しいな貿易活動を支えています。

通関士の主な業務は、通関書類の審査と審査後の記名捺印です。現在では通関士と税関のやりとりはNACCS(ナックス)と呼ばれる通関情報処理機構で管理されています。そのため書類の作成や審査もほぼすべてはパソコン上での仕事になります。

そのほかにも、税関に対して申告の説明を行うこと、また税関検査の立ち会いなども通関士の仕事です。そして時には、麻薬や銃など違法な物品の輸入を水際で防ぐことにも、通関士は一役買っていたりします。

通関士はどんなところで働いているの?

流通業(空運・海運・陸運、倉庫業)や貿易会社、メーカー、旅行業、金融機関など、通関士の活躍の場は多様に広がっています。

イメージ

上に挙げた業種は、ひとくくりにして「通関業者」と呼ぶことができます。通関士は、こうした通関業者に社員として勤務して働きます。

そのなかでも最も通関士のニーズが高い業種は流通業です。輸出・輸入とは要は物流のこと。物流に直接に関わる業種といえば、やはり海上輸送系や航空会社系の流通会社なのです。流通業以外ではメーカーや貿易会社など。たとえば機械系のメーカー等では、製品の部品を自社で直接海外から仕入れるために、社内に通関部署を設置している会社もたくさんあります。

また貿易会社などは、輸入品などの税率を契約の前に把握しておき、利益を予め予測するなどの動きをします。国際間のビジネスを行う企業にとって、通関士の存在は欠かせないのです。

もうひとつの大きな流れとして、ネットショッピングの普及により、輸入・輸出業者が個人レベルにも大きく拡大していることが挙げられます。国際物流が多様化・複雑化するなかで、通関士はますます活躍の範囲が拡大しています。

通関士として働く魅力は?

躍動感ある貿易の現場を支えること。そして国益に貢献できることです。

通関士の仕事の魅力は、通関手続きを迅速・正確に処理するキーマンとして活躍すること、そしてお客さまに喜んでいただけることです。

高い運賃を払って空輸される精密部品や珍しい果物。航空系の通関業務は、飛行機が到着してから2時間以内が勝負といわれています。

また、大量の商品が動く海上輸送で、通関士がもたもたしていたら、積荷を待っている大型トレーラーに時間のロスをさせることになります。通関士の仕事は、いつも時間との戦い!それだけに成し遂げた達成感も大きいのです。

もうひとつのやり甲斐は、関税を正確に処理すること。税関を通る輸出入品目は1万種ともいわれています。通関士は国が定める「実行関税率表」に沿って、それらの適用税率を決定します。

特に精密部品などでは、通関士の判断ひとつで税率が大きく変わってくることもあり。勉強不足ですと、お客様に多大な損害を与えてしまうこともあるのです。

つまり通関士は、適正な審査をすることで、日本の国益に大きく貢献する仕事なのです。

通関士の資格は就職に役立ちますか?

就職の切り札として抜群の威力があります!

最近は特に、流通業や貿易関連会社に就職を希望する大学生で、在学中に通関士の資格を取得する人が増えています。通関士の資格を持っていれば、就職活動において、仕事に必要な知識を備えていることと、仕事への情熱の両方をアピールできます。しかも、希望通りに就職できれば、その知識を確実に活かすことができるのでとても実利的です。昨今の厳しい就職戦線のなかでは、普通にやっていたのでは他の学生に勝てないかもしれないと、早目に動き出している学生は少なくありません。

特に、国際的物流機構を担う企業では通関士の採用は拡大するでしょう。就職には必ず役立つ資格です。

通関士の資格だけで稼げるもの?

長期的な視野で見ると、収入面も豊かにしてくれる資格です。

通関士は独立開業する仕事ではなく、あくまで通関業者の組織の一員として仕事をします。そのため給与はそれぞれの会社の賃金体系によって決まります。手当として1~2万円を支給している会社も多いようですが、稼げる資格かといわれると、決してそうとはいえません。

しかし通関士の資格を取得して、社内で通関士として働く人は、だんだんと一層責任ある部署を任されることになります。新入社員で入社をして、係長・課長・部長などへのキャリアステップが描きやすい資格であることも通関士の特長。資格を持っていることで、長期的にみると最終的には平均年収は確実にアップします。

まずは無料資料請求から!受講料ページはこちら!
ページのトップへ

次回アクセスの際に便利

その他のコンテンツ

この講座に興味のある人はこんな講座も見ています

『ジャパンタイムス』紙の「アジア次世代のリーダー100人」に選出されました!

テレビCM放送中!
このページの上へ