難易度を他の資格と比較|通関士

サクセスストーリー

難易度をほかの資格と比較してみよう

イメージ

通関士と比べてみたくなるほかの資格の難易度は?どの資格ならダブルライセンスを取得できそう?そのほかの資格と難易度を比較してみよう!

通関士と貿易実務検定はどちらが難しい?

貿易実務検定はC級からA級まで4段階のクラスがあります。
入門編のC級は通関士より易しいです。

「貿易実務検定」は、学生から貿易・産業界の第一線で活躍している方まで、幅広い受験者層が特長です。就職や転職に役立てたい方も、貿易についての自分の実務能力や知識を客観的に測りたい方もこの検定を受けます。

そのため資格内容のレベルも4段階に分けられています。

C級は通関士の試験より易しいですが、実戦レベルの貿易税務や貿易マーケティングについて問われる準A級になりますと、すでに通関士の試験よりも難しくなってきます。

通関士にとって、貿易の勉強は生涯続くものです。通関士として必要な知識を高める目的で受験するのでしたら、貿易実務検定は、C級から始めて少しずつステップを目指すのが薦めかと思います。

通関士と行政書士はどちらが難しい?

行政書士の方がランクは上。合格には約1年間の学習が必要です。

イメージ

行政書士の試験では、憲法、行政法、民法などの法令科目や、政治・経済・社会などの一般常識を幅広く問われます。通関士の試験でも法律について学びますが、内容は通関業務に直結した法律ばかりで、行政書士の試験ほどには深い内容を問われることはありません。

大学生の方が在学中に取得を目指す資格としては、行政書士は少々ハードルが高いかもしれませんね。

しかし行政書士は、独立・開業資格としては非常に魅力のある資格です。通関士かそれとも行政書士か?の選択は、今後の進路の目標を十分に検討した上で、決めるようにしてください。

通関士と国際航空貨物取扱士(ディプロマ)はどちらが難しい?

通関士のほうが難易度のランクは上です。

国際航空貨物取扱士(ディプロマ)の資格を取得するためには、世界各国に共通するテストがあります。日本では「国際航空貨物取扱士」の資格試験がそれに相当します。

国際航空貨物取扱士の資格は、インターネット講座等を利用した在宅学習で取得できます。講座で設定されている18ヶ月の自宅学習のなかで資格試験を受けて受かれば合格できます。

試験には、基礎・上級・危険物の3種類がありますが、合格率は基礎60%前後、上級50%前後、危険物40%前後と、初学者にも取得しやすい資格になっています。試験はすべて英語で行われますが、日常会話レベルの英語ができれば問題ありません。

通関士と海事代理士の試験はどちらが難しい?

試験の難易度はまったく同じでどちらも手ごわいです。

イメージ

海事代理士の試験では、憲法や民法など一般法律から船舶法などの海事法令、海上運送法や海則法などの海事法令などなど、全部で15科目からまんべんなく問題が出題されます。

海上での危険も伴う業務の判定を務めるわけですので、幅広く知識を有しているのが当然かもしれません。それにしてもなかなか大変な試験のようです。

しかし海事代理士の試験は、勉強範囲こそ広いですが、各科目に足切り点はなく6割以上の正解率で合格できます。

海事代理士を目指す方は、得意科目をつくるようにして、合格基準の6割を確実に得点できる勉強法をみつけるようにしましょう。

通関士と旅行業務取扱管理者ではどちらが難しい?

総合旅行業務取扱管理者と通関士の試験は、難易度が同じクラスにあります。

旅行業務取扱管理者の資格には、海外旅行も含め旅行業務をトータルに扱うことのできる「総合旅行業務取扱管理者」と国内旅行のみを専業にする「国内旅行業務取扱管理者」の2通りがあります。難易度は「国内」のほうが易しいです。

この資格の難易度が高い理由は、出題範囲が広いことにあります。特に「総合」の資格は、旅行業法や関係法令などの法令問題にくわえて、JRや飛行機などの交通手段や、各観光地域の地理や歴史などの勉強も必要になります。

大勢のお客さまに、楽しく安全な旅をお届けするプロの仕事には、多くのことを学ぶ必要があります。

旅行業務取扱管理者の試験は、先に「国内」を受験して合格すると、「総合」を受験する時に、「旅行業法及びこれに基づく命令」と「国内旅行実務」の2科目が免除になります。無理なく合格を目指すには、段階的に試験を受けるやり方が確実かもしれません。

ページのトップへ