通関士 通信教育・通信講座 フォーサイト

通関士通信講座合格者と講師の対談

人物

今後のキャリアアップの可能性を広げるためにチャレンジを決意

通関士 通関士DVDコース
20代 

現在の仕事で輸入商材を多く扱っており、海外から入ってくる商品が、国内市場に流通する前の物の流れについての知識を身に付けたい、との思いが強くなり、通関士試験にチャレンジしようと決めました。

通信講座を、そしてフォーサイトを選んだ理由は?

時間効率と価格面でフォーサイトに決めました

独学では、仕事をしながら勉強を続けていくことを考えると、モチベーションの維持の点で難しいと考えました。通学については費用面で難しいと思いました。そこで、通信を検討しました。

またフォーサイトに決めたのは、他の通信教育と比較して、フォーサイトが一番リーズナブルだったからです。
それに加えて、eラーニングがあったり、模擬試験があったりと、教材の内容が充実していた点も、選択の決め手となりました。サンプル教材を取り寄せたとき、フルカラーテキストは、勉強をしやすいと感じました。

フォーサイトの教材で学習された感想は?

わかりやすい講義と教材が充実しています

全体的に教材はクオリティーが高いと感じました。
その中で、本試験で一番役に立ったのが直前対策の通関実務のテキストです。難易度が本試験と同等かそれ以上で、結構難しいなと感じたこと、バリエーションも豊かな問題になっていたので、本試験の通関実務に役立ちました。

講義自体は、非常に説明が丁寧でわかりやすかったですし、また個人的にはコラムも好きでした。受講生に向けていろんなメッセージがあり、それが自分にとっては励みになりました。

勉強方法などで工夫したことは?

ただ繰り返すだけでなく、効率的に確認することも考えていました。

繰り返し学習をすることに尽きると思います。間違った問題については、繰り返しやっていました。
また間違える問題は、何度も間違えることがあるので、次は絶対に間違えないようにするためにテキストにメモやマークを残すようにしました。

そのようにすることで、テキストの復習の際に、過去問で問われた内容を確認できますし、自分が間違った内容も意識しながら復習をすることができました。

モチベーションの維持について

自分の状況に合わせて学習時間をコントロールしていました

平日は仕事もあるため、勉強は極力最小限にしていました。
土日については、最低限一日6時間は絶対にすると決めていたので、その時間だけは勉強するようにしていました。
半年くらいの勉強期間を考えると、しんどい時もありましたが、そんなときは、6時間にこだわらず、とにかく勉強を途絶えさせないように気を付けていました。

これから受講される方にメッセージをお願いします

一生ものの国家資格!努力次第で合格を掴むことが可能です

通関士の資格は、国家資格という事もあって、その人の評価や価値を上げることは間違いありません。また合格をすれば、その資格は一生ものになりますので、ぜひチャレンジしていただければと思います。
また同時に国家資格であり、合格率が約10%前後ということで、非常に厳しい現実がある試験ですとは思います。しかし、この数字は個人の努力次第で、少しでも上げることはできますので、ぜひ最後まで諦めずにチャレンジしてみてください!

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!

ページのトップへ