みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
春は別れと出会いの季節。
さまざまな思いが溢れますね。
見事に咲いて散りぎわも見事な桜を見ると、年度の区切りが春で良かったと思います。
皆さんそれぞれの花を咲かせるため、資格取得に向けて頑張っていってください。

東京都美術館の、「ティツィアーノとヴェネツィア展」に行ってきました。
日本とイタリアの国交樹立150周年を記念した展覧会で、15世紀から16世紀に繫栄したヴェネツィアでの、美術の黄金期の作品を会したものです。
中でもティツィアーノは、16世紀ヴェネツィア派最大の画家で、宗教画、神話画、肖像画などヨーロッパ中の人気を集めて素晴らしい作品を残しています。
1516年のベッリーニの死後、実質上のヴェネツィア共和国の公認画家となって活躍しました。1533年には、その功績をカール5世に認められ、宮廷伯爵の称号が与えられています。
ミケランジェロが嫉妬したという、ティツィアーノの描き出す色彩。
この時代のヴェネツィアの栄華がたっぷりと感じられる展覧会でした。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。