みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
日差しが和らぎつつあって、私見ながら、「色を見る」条件に一番適した季節を迎えようとしていると思います。検定に向けて、ご一緒に頑張りましょう。

海外ではもはや芸術の一分野として認められているファッションも、日本ではまだまだの感がありますが、心理的にはやはり、第一印象の判断基準は服装。
しかも色が与える影響が大きいので、服の色選びに正解を求め続けて様々な本を読んだりしています。
ファッション誌を眺めていると、色が違うとイメージに大きな変化があることに気づかされ、クローゼットにも多くのカラーバリエーションを持つことが大事のように思っていました。
そんな考えに衝撃的だった、パーソナルスタイリストの杉山律子さんの著書。
クローゼットに持つ服の色は、3色でいいというのです。
全体のコーディネートを3色以内で、というのは大前提ですが、写真入りで、
ベースカラーとなる3色の選び方、その組み合わせ方、3色の中に必ず白を入れること、など、基本中の基本のファッションの配色について、わかりやすく書かれていました。
これまでは、色が好きで、色の使い方を先に考えてしまっていましたが、こうベースとなるコーディネートに色が活きるよう考えるというのは、新しい発見でした。
コーディネートを考える時の参考になった本は久しぶりでした。
ご興味のある方は是非一度、お手に取ってみてくださいね。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。