25

2018/07

混色の不思議

17:03:36 | 学習について

混色の不思議

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
夏は日差しが強いので、自然の中での色の見え方が変わります。
季節の変化とともに、色の見え方の違いも楽しんでみてくださいね。

先日アイシングクッキーのお教室で、いつもと違うレッスンがありました。

普段は、先生があらかじめ、課題に合わせて彩色してくださるクリームと言われるお砂糖で、
クッキーを色づけたり、文字や柄を書いたりする練習がメインなのですが、
その日は、自分の好きな色を、先生のお持ちの彩色用の食紅を混ぜて作るというレッスンでした。

もともとのクリームが白いので、思うように出したい色が出ず、
更に私はつい、分光分布が…などと考えてしまってなかなか進まなかったのですが、
思っている色を実際に出す作業はとても楽しいものでした。

その最中に先生がおっしゃった言葉にびっくり。
「茶色は、赤と緑を混ぜて作ります」
「??」

単純に、理論的には、赤と緑は反対色、補色の関係なので、
混ぜたら灰色になるという頭でっかちの状態で、思わず問いただしてしまった私に、
先生はご親切に、実際に茶色を作ってみてくださいました。

家に帰って水彩絵の具で実際に混ぜてみると、
微妙な加減で色の違いこそあれ、なるほど茶色が生まれます。

かなり古くはなりますが、かつてのドラマの名台詞、
「事件は現場で起きているんだ!」を実感してしまう、私の中での大事件でした。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。